シリア軍と反体制武装集団がアレッポ市南部、ヒムス県北部などで攻防を続ける(2015年10月20日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ジハード主義武装集団がワディーヒー村一帯でシリア軍と交戦、シリア軍戦車を米国製のTOW対戦車ミサイルで攻撃した。

一方、SANA(10月20日付)によると、シリア軍がスファイラ村、サブイーン村一帯を、反体制武装集団との交戦の末に制圧した。

シリア軍はまた、カフルカール村、シャイフ・ルトフィー村、マンスーラ村、アレッポ市アーミリーヤ地区、ラーシディーン地区、カラム・ジャバル地区でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、マサール・プレス(10月20日付)によると、反体制武装集団が、ダール・カビーラ村、ティールマアッラ村への突入を試みたシリア軍を撃退した。

反体制武装集団はまた、カム村、ジャッブーリーン村、ムルーク検問所、航空士官学校一帯のシリア軍拠点を空爆した。

これに対し、ダール・カビーラ村、ティールマアッラ村進攻に失敗したシリア軍は、タルビーサ市、ガントゥー市、ティールマアッラ村、ダール・カビーラ村を砲撃した。

一方、SANA(10月20日付)によると、シリア軍がジャワーリク村、スナイスィル村、ティーラマアッラ村、タルビーサ市でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊し、ティールマアッラ村の複数の建物群を制圧した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ガーブ平原のマンスーラ村南部の穀物サイロ一帯で、シリア軍とジハード主義武装集団が激しく交戦、ヒルバト・ナークース村のシリア軍迫撃基地を破壊した。

これに対して、シリア軍は、カフルヌブーダ町郊外のジャービリーヤ村、カルアト・マディーク町、フワイジャ村、ハウワーシュ村を砲撃した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア軍がアイン・タルマー村一帯、ハラスター市、ザブディーン村、ダーラヤー市を「樽爆弾」などで空爆、砲撃した。

AFP, October 20, 2015、AP, October 20, 2015、ARA News, October 20, 2015、Champress, October 20, 2015、al-Hayat, October 21, 2015、Iraqi News, October 20, 2015、Kull-na Shuraka’, October 20, 2015、al-Mada Press, October 20, 2015、Masar Press Agency, October 20, 2015、Naharnet, October 20, 2015、NNA, October 20, 2015、Reuters, October 20, 2015、SANA, October 20, 2015、UPI, October 20, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク