アサド大統領がモスクワを電撃訪問し、プーチン大統領と会談(2015年10月21日)

アサド大統領が、ロシアのヴラジミール・プーチン大統領の招待を受け、モスクワを電撃訪問し、プーチン大統領、セルゲイ・ラヴロフ外務大臣、セルゲイ・ショイグ国防大臣と会談した。

アサド大統領が外国を訪問するのは、2011年3月以降初めて。

SANA, October 21, 2015

SANA, October 21, 2015

SANA(10月21日付)が伝えたところによると、アサド大統領は会談で、シリア情勢、国内での「テロとの戦い」をめぐるシリア軍の作戦計画およびその進捗について説明するとともに、ロシア軍の空爆によってさらに強化されたロシアの支援をシリア国民が高く評価しているとの謝意を伝えた。

アサド大統領はまた、ロシア軍のシリア領内での作戦が国際法および両国政府間の合意に基づくものだと確認し、両国の協力関係が継続し、さまざまな分野で復興が行われることを希望すると述べた。

そのうえで、アサド大統領とプーチン大統領は、シリアの未来に関して、シリア国民が担う必要があることを改めて確認した。

シリア領内でのロシア軍の空爆に関しては、アサド大統領はさらに、テロ組織の伸張を食い止めることに貢献しているとの見方を示す一方、テロ支援を行う諸外国が、テロ組織へのあらゆる支援を停止し、シリア国民が自らの願いを実現し、自らの未来を決することを認めるべきだと強調し、現下の軍事作戦の目的が、紛争の政治的解決を疎外するテロの根絶にあると述べた。

これに対して、プーチン大統領は、シリアにおける軍事、政治両プロセスを支援する用意があると表明した。

また、「テロとの戦い」と並行して、シリアの紛争を政治的に解決するために諸外国と連絡をとると述べた。

SANによると、この会談は2度にわたって行われ、1回目の会談では上記の通り、シリアの政治情勢について意見が交わされ、2度目はそれ以外の諸分野における二国間関係について意見が交わされたという。

また、プーチン大統領主催の晩餐会も行われ、アサド大統領、ドミートリー・メドヴェージェフ首相、ラヴロフ外務大臣、ショイグ国防大臣らが出席した。

アサド大統領はすべての日程を終え、21日中にロシアを去った。

https://youtu.be/-ZdvK-XHn8A

**

ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は22日、アサド大統領によるモスクワ電撃訪問に関する詳細を追加で明らかにした。

それによると、首脳会談は約3時間続き、そのなかでアサド大統領はまず、プーチン大統領と二者会談を行い、続いてラヴロフ外務大臣、ショイグ国防大臣、ニコライ・パトルシェフ安全保障会議書記、ミハエル・フラトコフ対外情報庁長官が会談に参加、その後晩餐となり、ドミートリー・メドヴェージェフ首相も加わったという。

AFP, October 21, 2015、AP, October 21, 2015、ARA News, October 21, 2015、Champress, October 21, 2015、al-Hayat, October 22, 2015、October 23, 2015、Iraqi News, October 21, 2015、Kull-na Shuraka’, October 21, 2015、al-Mada Press, October 21, 2015、Naharnet, October 21, 2015、NNA, October 21, 2015、Reuters, October 21, 2015、SANA, October 21, 2015、UPI, October 21, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク