ロシアのプーチン大統領が電話会談で、トルコ、サウジアラビア、エジプト、ヨルダンの首脳にアサド大統領電撃訪問の成果を報告(2015年10月21日)

ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、ヴラジミール・プーチン大統領がトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領、サウジアラビアのサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王、エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領、ヨルダンのアブドゥッラー2世国王と電話会談を行い、シリア情勢などについて意見を交わしたと発表した。

ロシアの複数のメディアが伝えたところによると、エルドアン大統領との電話会談で、プーチン大統領は、アサド大統領のモスクワ電撃訪問の成果を伝えた。

これに対して、複数のトルコ大統領筋によると、エルドアン大統領は電話会談で、アレッポ市およびその周辺地域(とりわけ南部)でのシリア軍による反転攻勢やロシアの空爆が、さらなる難民の発生につながるとの懸念を伝えた。

あるトルコ消息筋によると、「現時点において、我々はシリアからの新たな難民を確認していない。しかし、その(難民流入の)可能性はある」という。

なお、トルコの複数メディアによると、ヒムス県、ハマー県、アレッポ県でのシリア軍の反転攻勢により、数万人が避難を余儀なくされており、そのうちの約5万人が、トルコ語を母語とするトルクメン人で、トルコ当局の支援のもとにトルコ領内に向かっているという。

**

一方、ペスコフ報道官によると、サウジアラビアのサルマーン国王との会談で、両首脳は、軍事的プロセスと続くかたちで政治解決を図ることが重要だとの点を確認したという。

『ハヤート』(10月22日付)が伝えた。

AFP, October 21, 2015、AP, October 21, 2015、ARA News, October 21, 2015、Champress, October 21, 2015、al-Hayat, October 22, 2015、Iraqi News, October 21, 2015、Kull-na Shuraka’, October 21, 2015、al-Mada Press, October 21, 2015、Naharnet, October 21, 2015、NNA, October 21, 2015、Reuters, October 21, 2015、SANA, October 21, 2015、UPI, October 21, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク