シリア軍がダマスカス郊外県、アレッポ市南部一帯などで反体制武装集団に対して攻勢を続ける(2015年10月21日)

ダマスカス郊外県では、SANA(10月21日付)によると、シリア軍がハラスター市のマジュバル地区を、反体制武装集団との戦闘の末に制圧した。

シリア軍はまた、カラムーン地方無人地帯各所、マルジュ・スルターン飛行場西部一帯で、反体制武装集団拠点を空爆した。

**

アレッポ県では、SANA(10月21日付)によると、シリア軍が、アレッポ市南部のハーン・トゥーマーン村、ズィルバ村、アーミリーヤ村、ハーディル村、ナイラブ航空基地一帯で、反体制武装集団の拠点に対する空爆など掃討作戦を継続した。

シリア軍はまた、アレッポ市ラームーサ地区、アシュラフィーヤ地区、バニー・ザイド地区、カラム・ジャバル地区、ラーシディーン地区、シャッアール地区で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

クッルナー・シュラカー(10月21日付)によると、アレッポ市西部のザフラー協会地区では、反体制武装集団がシリア軍と交戦し、兵士10人を殺害した。

一方、ARA News(10月21日付)によると、シリア軍戦闘機がアレッポ市およびその周辺一帯を空爆し、ダイル・ジャマール村にある自由アレッポ県評議会の本部を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(10月21日付)によると、シリア軍がタルビーサ市、ティールマアッラ村でシャームの民のヌスラ戦線などの拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(10月21日付)によると、シリア軍はカフルヌブーダ町近郊のジュバイサート農場でシャームの民のヌスラ戦線の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、マンスーラ村一帯でもファトフ軍と交戦した。

**

イドリブ県では、SANA(10月21日付)によると、シリア軍がハーン・シャイフーン市のファトフ軍拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(10月21日付)によると、シリア軍が西ガーリヤ村東部、アトマーン村一帯、ブスラー・シャーム市、ダルアー市避難民キャンプ一帯、カタキート工場一帯で、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, October 21, 2015、AP, October 21, 2015、ARA News, October 21, 2015、Champress, October 21, 2015、al-Hayat, October 22, 2015、Iraqi News, October 21, 2015、Kull-na Shuraka’, October 21, 2015、al-Mada Press, October 21, 2015、Naharnet, October 21, 2015、NNA, October 21, 2015、Reuters, October 21, 2015、SANA, October 21, 2015、UPI, October 21, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク