ロシア軍はシリア国内(ダイル・ザウル県、アレッポ県、ハマー県、イドリブ県、ダマスカス郊外県、ラタキア県)83カ所を空爆(2015年10月21日)

ロシア国防省のイゴール・コナシェンコフ報道官は、ロシア軍が過去24時間で、シリア国内のダイル・ザウル県、アレッポ県、ハマー県、イドリブ県、ダマスカス郊外県、ラタキア県のダーイシュ(イスラーム国)など国際テロ組織の拠点83カ所に対して、46回出撃し、空爆を実施したと発表した。

この空爆で、司令拠点16カ所、武器弾薬庫4カ所、爆弾製造工場、基地2カ所、防衛拠点など61カ所を破壊した。

アレッポ県では、アレッポ市近郊のシャームの民のヌスラ戦線が爆弾製造工場としてしようしていたビル複数棟を破壊した。

イドリブ県では、ハーン・シャイフ市近郊のヌスラ戦線の教練キャンプ、Syriatel丘の司令拠点、サルミーン市近郊の拠点、ジスル・シュグール市近郊の基地や武器弾薬庫を破壊した。

これに関して、シリア人権監視団は、ロシア軍が、サルミーン市の野戦病院に対して空爆を行い、医療スタッフを含む13人が死亡したと発表した。

AFP, October 21, 2015、AP, October 21, 2015、ARA News, October 21, 2015、Champress, October 21, 2015、al-Hayat, October 22, 2015、Iraqi News, October 21, 2015、Kull-na Shuraka’, October 21, 2015、al-Mada Press, October 21, 2015、Naharnet, October 21, 2015、NNA, October 21, 2015、Reuters, October 21, 2015、SANA, October 21, 2015、UPI, October 21, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク