フランスのオランド大統領「アサドの立場を強めるようないかなる行動をも阻止すべき」(2015年10月21日)

フランスのフランソワ・オランド大統領は、マリ大統領との会談後の記者会見でシリア情勢に触れ、「アサドの立場を強めるようないかなる行動をも阻止すべきだ。彼こそが問題であって、解決策になることはない」と述べた。

『ハヤート』(10月22日付)が伝えた。

AFP, October 21, 2015、AP, October 21, 2015、ARA News, October 21, 2015、Champress, October 21, 2015、al-Hayat, October 22, 2015、Iraqi News, October 21, 2015、Kull-na Shuraka’, October 21, 2015、al-Mada Press, October 21, 2015、Naharnet, October 21, 2015、NNA, October 21, 2015、Reuters, October 21, 2015、SANA, October 21, 2015、UPI, October 21, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク