イランのアブドゥッラフヤーン外務副大臣「イランはアサド大統領を永遠に権力の座にとどまらせようとはしていない」(2015年10月21日)

イランのホセイン・エミール・アブドゥッラフヤーン外務副大臣(アラブ・アフリカ担当)は訪問先のロンドンでフィリップ・ハモンド外務大臣と会談し、シリア情勢、ダーイシュ(イスラーム国)対策などについて意見を交わした。

ARA News(10月22日付)によると、会談でアブドゥッラフヤーン外務大臣は「イランはアサド大統領を永遠に権力の座にとどまらせようとはしていない…。シリア国民がいかなる決定をも支持する」と述べたという。

AFP, October 22, 2015、AP, October 22, 2015、ARA News, October 22, 2015、Champress, October 22, 2015、al-Hayat, October 23, 2015、Iraqi News, October 22, 2015、Kull-na Shuraka’, October 22, 2015、al-Mada Press, October 22, 2015、Naharnet, October 22, 2015、NNA, October 22, 2015、Reuters, October 22, 2015、SANA, October 22, 2015、UPI, October 22, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク