サウジアラビアのジュバイル外務大臣の夢想「最善のシナリオは、朝目覚めたら、アサドがシリアにいないというものだ」(2015年10月22日)

サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務大臣は、22日で行われる予定の米・ロシア・サウジアラビア・トルコの外相会談に参加するため、オーストリアのウィーンに入った。

ジュバイル外務大臣は、ロシアのシリアへの軍事介入に関して、同地で記者団に対して「非常に危険だ、なぜなら紛争を激化させるからだ…。この点はロシアに明確に伝えている」と述べた。

また、移行期においてアサド大統領の残留が認められるべきかとの問いに関して、「アサドの役割はシリアから出て行くことだ…。最善のシナリオは、朝目覚めたら、アサドがシリアにいないというものだ」と答えた。

**

一方、ロイター(10月22日付)は、ウィーンでの外相会談に出席するジョン・ケリー米国務長官が「シリアでの危機解決への道に立ちはだかっている唯一の問題はアサドだ」と述べたと伝えた。

しかし、欧州連合(EU)のフェデリカ・モゲリーニ外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、「我々はシリアでの政治的移行のために活動しており、アサド大統領はその最初の段階の一部となる」と述べた。

AFP, October 22, 2015、AP, October 22, 2015、ARA News, October 22, 2015、Champress, October 22, 2015、al-Hayat, October 23, 2015、Iraqi News, October 22, 2015、Kull-na Shuraka’, October 22, 2015、al-Mada Press, October 22, 2015、Naharnet, October 22, 2015、NNA, October 22, 2015、Reuters, October 22, 2015、SANA, October 22, 2015、UPI, October 22, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク