イラン革命防衛隊副司令官「シリア軍再編のために顧問の数を増員した」:イラク人民兵組織アブー・ファドル・アッバース旅団の戦闘員1,100人がアレッポ県に派遣(2015年10月27日)

『ハヤート』(10月28日付)は、イラン・イスラーム革命防衛隊のホセイン・サラーミー副司令官(准将)がイランの第1チャンネルのインタビューで、シリア政府の要請に基づき、シリア軍の再編が数ヶ月前からイランの支援のもとで開始されている、と述べた。

サラーミー副司令官はまた、シリア軍再編のために、シリアに派遣している顧問の数、そしてレベルを向上させたと付言、「我々の顧問は閉ざされた部屋のなかに座っていることなどできない。戦死者が増加するなかで、戦地に赴かねばならない」と強調した。

**

ARA News(10月27日付)は、イラク人戦闘員約1,100人が、イラン・イスラーム革命防衛隊クドス軍団のカースィム・スライマーン司令官の命令を受け、アレッポ県に派遣された、と伝えた。

シリア人権監視団によると、派遣されたのは、ダマスカス郊外県に駐留し、サイイダ・ザイナブ廟の防衛にあたっていたアブー・ファドル・アッバース旅団の戦闘員だという。

AFP, October 27, 2015、AP, October 27, 2015、ARA News, October 27, 2015、Champress, October 27, 2015、al-Hayat, October 28, 2015、Iraqi News, October 27, 2015、Kull-na Shuraka’, October 27, 2015、al-Mada Press, October 27, 2015、Naharnet, October 27, 2015、NNA, October 27, 2015、Reuters, October 27, 2015、SANA, October 27, 2015、UPI, October 27, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク