レバノン・ディベート:トルコ経由で「穏健な反体制派」に米国製の第三世代型携帯式防空ミサイル・システム支給(2015年10月28日)

レバノン・ディベート(10月28日付)は、複数の外交筋の話として、米国の支援を受けているガーブの鷹などをはじめとする「穏健な反体制派」に対して、トルコ経由で米国製の第三世代型携帯式防空ミサイル・システム(POST型スティンガー)が支給されており、これによって戦闘が激化することが予想されると伝えた。

**

ホワイトハウスのジョシュ・アーネスト報道官は、バラク・オバマ米大統領がサウジアラビアのサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王と電話会談し、ダーイシュ(イスラーム国)との戦いとシリアにおける政治的移行に向けて引き続き協力することを確認した、と発表した。

AFP, October 28, 2015、AP, October 28, 2015、ARA News, October 28, 2015、Champress, October 28, 2015、al-Hayat, October 29, 2015、Iraqi News, October 28, 2015、Kull-na Shuraka’, October 28, 2015、Lebanon Debate, October 28, 2015、al-Mada Press, October 28, 2015、Naharnet, October 28, 2015、NNA, October 28, 2015、Reuters, October 28, 2015、SANA, October 28, 2015、UPI, October 28, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク