中国の李首相とドイツのメルケル首相はシリアの紛争解決のため包括的対話が必要であることを確認(2015年10月29日)

中国の李克強首相は北京でドイツのアンゲラ・メルケル首相と会談した。

会談ではシリア情勢への対応も話し合われ、李首相は「シリア情勢を解決する必要がこれまで以上に増している…。もっとも重要なのは、政治的解決を実現し、バランスがとれ、包括的で開かれた政治対話を行う機会をつかむことだ」と述べた。

これに対してメルケル首相も「我々は外交的な政治解決を必要としており、解決策を導き出す必要がある。少なくとも、そのために必要なすべての参加者が集う対話の兆候が現れている」と述べた。

ARA News(10月29日付)などが伝えた。

AFP, October 29, 2015、AP, October 29, 2015、ARA News, October 29, 2015、Champress, October 29, 2015、al-Hayat, October 30, 2015、Iraqi News, October 29, 2015、Kull-na Shuraka’, October 29, 2015、al-Mada Press, October 29, 2015、Naharnet, October 29, 2015、NNA, October 29, 2015、Reuters, October 29, 2015、SANA, October 29, 2015、UPI, October 29, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク