オバマ米政権の対ダーイシュ(イスラーム国)戦略担当上級補佐官がイラクでPYD、YPG幹部と会談(2015年11月3日)

ARA News(11月3日付)は、11月1、2日の両日、バラク・オバマ米政権の対ダーイシュ(イスラーム国)戦略担当のブレット・マクガーク上級補佐官がイラク・クルディスタン地域のエルビル市を訪問し、イラク・クルディスタン自治政府高官と会談する一方、西クルディスタン移行期民政局を主導する民主連合党、人民保護部隊の代表と会談したと伝えた。

会談では、シリア領内でのダーイシュとの戦いでの調整などについて意見が交わされたという。

AFP, November 3, 2015、AP, November 3, 2015、ARA News, November 3, 2015、Champress, November 3, 2015、al-Hayat, November 4, 2015、Iraqi News, November 3, 2015、Kull-na Shuraka’, November 3, 2015、al-Mada Press, November 3, 2015、Naharnet, November 3, 2015、NNA, November 3, 2015、Reuters, November 3, 2015、SANA, November 3, 2015、UPI, November 3, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク