ロシアのボグダノフ外務副大臣、「モスクワ3」を来週開催すると発表(2015年11月3日)

ロシアのミハイル・ボグダノフ外務副大臣は、ロシアが来週中に、シリア政府と反体制派の和平交渉に向けた協議「モスクワ3」を開催する予定だと述べた。

**

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、アサド大統領の進退に関して「ロシアはアサドが残らねばならないなどと言ったことはない。これはシリア国民が決めることで、ロシアは、去らねばならないとか、とどまらねばならないとは言わない」と述べた。

**

フランスのフランソワ・オランド大統領はEURO 1(11月3日付)に対し、シリア紛争解決の唯一の方法が選挙実施にあるとしたうえで、次期大統領選挙にアサド大統領は出馬できないと述べた。

AFP, November 3, 2015、AP, November 3, 2015、ARA News, November 3, 2015、Champress, November 3, 2015、al-Hayat, November 4, 2015、Iraqi News, November 3, 2015、Kull-na Shuraka’, November 3, 2015、al-Mada Press, November 3, 2015、Naharnet, November 3, 2015、NNA, November 3, 2015、Reuters, November 3, 2015、SANA, November 3, 2015、UPI, November 3, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク