ロシアのラヴロフ外務大臣「シリアをめぐる会合が開催される前に我々は誰が「穏健な反体制派」で誰がテロリストなのかを明確にしなければならない」(2015年11月4日)

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表はロシアの首都モスクワを訪問し、セルゲイ・ラヴロフ外務大臣と会談した。

RT(11月4日付)などによると、ラヴロフ外務大臣は会談で、紛争解決に向けた政治対話がすべての反体制派を包摂するかたちで行われねばならないとしつつ、「穏健な反体制派」のみを危機解決に向けたパートナーとすべきだと述べ、イスラーム過激派を排除する必要を強調した。

すなわち、ラヴロフ外務大臣は以下の通り述べたという。

「シリアをめぐる次の会合が開催される前に我々は誰が「穏健な反体制派」で誰がテロリストなのかを明確にしなければならない…。シリアの危機解決に向けた交渉のテーブルに着くことができる反体制派のリストをめぐる問題に…さほど時間がかからないことを望んでいる。これは、デミストゥラ氏が…準備している交渉においてパートナーとなる「穏健な反体制派」が誰なのかを明らかにするものだ…。ウィーン会議の参加者は、シリア国内でテロリストとみなされるグループを特定することで合意した」。

ラヴロフ外務大臣はまた、諸外国が反体制派の統一代表団結成に向けて影響力を行使することでデミストゥラ氏と合意したという。

一方、デミストゥラ氏は、国連がジュネーブでシリア政府と反体制派の和平会合を開催する用意がてきており、「ダマスカスの代表者らは反体制派との会合に参加する用意はできている」と述べた。

デミストゥラ氏はまた「反体制派と政府の対話は前提条件なしで始められねばならない。我々はウィーンでこのことを合意した」と述べたという。

**

ロシア大統領府によると、ヴラジミール・プーチン大統領はトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と電話会談し、シリア情勢への対応などについて協議した。

会談では、シリアの紛争解決に向け政治的対話を継続する意思が確認されたという。


AFP, November 4, 2015、AP, November 4, 2015、ARA News, November 4, 2015、Champress, November 4, 2015、al-Hayat, November 5, 2015、Iraqi News, November 4, 2015、Kull-na Shuraka’, November 4, 2015、al-Mada Press, November 4, 2015、Naharnet, November 4, 2015、NNA, November 4, 2015、Reuters, November 4, 2015、RT, November 4, 2015、SANA, November 4, 2015、UPI, November 4, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク