アサド大統領はクワイリス軍事飛行場に対するダーイシュ(イスラーム国)の包囲解除を受け、包囲解除作戦を指揮する「虎」ことスハイル・ハサン大佐らに電話で祝意を伝える(2015年11月10日)

アサド大統領は、シリア軍がアレッポ県アレッポ市東部のクワイリス航空基地に対するダーイシュ(イスラーム国)の包囲解除に成功したことを受け、飛行場司令官のムンズィル・ズィマーム少将と、同飛行場包囲解除作戦を指揮する「虎」ことスハイル・ハサン大佐とそれぞれ電話で会談した。

SANA(11月10日付)によると、アサド大統領は電話で、ズィマーム少将に対して「抵抗、英雄的行為における至上の模範、シリア・アラブ軍の英雄伝の幕開けとしての戦闘」を讃えた。

またアサド大統領はハサン大佐に対しては「包囲解除に貢献したすべての英雄、そしてシリア・アラブ軍のすべての兵士に敬意を表す。彼らは兄弟であり、息子であり、その生命と安全を常に最優先に考えている」と述べたという。

AFP, November 10, 2015、AP, November 10, 2015、ARA News, November 10, 2015、Champress, November 10, 2015、al-Hayat, November 11, 2015、Iraqi News, November 10, 2015、Kull-na Shuraka’, November 10, 2015、al-Mada Press, November 10, 2015、Naharnet, November 10, 2015、NNA, November 10, 2015、Reuters, November 10, 2015、SANA, November 10, 2015、UPI, November 10, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク