イスラエルのネタニヤフ首相「安全保障のため、対シリア国境でアル=カーイダと特別な関係を築いている」(2015年11月9日)

イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相は訪問先のワシントンDCで、バラク・オバマ米大統領と会談し、シリア情勢への対応などについて意見を交わした。

米国の複数のメディアが伝えたところによると、会談ではシリアの将来についての議論に多くの時間が割かれ、ネタニヤフ首相はオバマ大統領に対して、ゴラン高原の境界地域におけるアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線とイスラエルとの「特別な関係」について理解を求めたという。

すなわち、会談のなかで、ネタニヤフ首相は「イスラエルは実際、ヌスラ戦線に属するシリア領内のグループと国境地帯で特別な関係を築いている…。この関係はイスラエルの安全を保障
するためで、ヌスラ戦線の能力を強化することではない」と述べたという。

ネタニヤフ首相はまた、オバマ大統領に対して、シリア紛争の政治的解決に向けた合意形成プロセスに、シリアのアサド政権を参加させるよう求めたという。

さらに、ネタニヤフ首相は「我々はシリア領内からの攻撃に対して寛容ではいられない。我々はイランがゴラン高原で我々に対する戦線を開くことを許さない。我々はシリアからレバノンへの武器の輸送を阻止する」と述べ、シリア情勢および対ヒズブッラー政策におけるイスラエルの「レッド・ライン」を示したという。

ARA News(11月11日付)などが伝えた。

AFP, November 11, 2015、AP, November 11, 2015、ARA News, November 11, 2015、Champress, November 11, 2015、al-Hayat, November 12, 2015、Iraqi News, November 11, 2015、Kull-na Shuraka’, November 11, 2015、al-Mada Press, November 11, 2015、Naharnet, November 11, 2015、NNA, November 11, 2015、Reuters, November 11, 2015、SANA, November 11, 2015、UPI, November 11, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク