シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、ヒムス県東部のハドス村を完全制圧(2015年11月17日)

ヒムス県では、SANA(11月17日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに県南東部のハドス村でイスラーム国(ダーイシュ)と交戦し、同地を完全制圧した。

シリア軍はまた、フワーリーン村、マヒーン町、カルヤタイン市でダーイシュの拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、有志連合と思われる戦闘機がマヤーディーン市各所を空爆した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属不明)がダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つバーブ市やダーイシュの支配下にあるジャッラーフ航空基地一帯を空爆した。

また、ARA News(11月17日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つマンビジュ市で、地元の若者がダーイシュのチュニジア人カーディーを暗殺した。

他方、ARA News(11月17日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がマーリア市一帯に再び進攻し、シャーム戦線など「穏健な反体制派」と交戦した。

このほか、クッルナー・シュラカー(11月28日付)によると、16日に失踪していたシャーム戦線の司令官の一人ハーリド・マフラフ・アティーヤ氏の遺体がシリア北部で発見された。

**

ダルアー県では、SANA(11月17日付)によると、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団が、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うヤルムーク殉教者旅団とアッラーン村一帯サフム・ジャウラーン村一帯で交戦した。

**

スワイダー県では、SANA(11月17日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、サムル村のダーイシュ(イスラーム国)拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, November 17, 2015、AP, November 17, 2015、ARA News, November 17, 2015、Champress, November 17, 2015、al-Hayat, November 18, 2015、Iraqi News, November 17, 2015、Kull-na Shuraka’, November 17, 2015、November 18, 2015、al-Mada Press, November 17, 2015、Naharnet, November 17, 2015、NNA, November 17, 2015、Reuters, November 17, 2015、SANA, November 17, 2015、UPI, November 17, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク