シリア人権監視団:有志連合の空爆でダーイシュ(イスラーム国)メンバー3,547人、民間人250人が死亡(2015年11月23日)

シリア人権監視団は、米国主導の有志連合がシリア空爆を開始した2014年9月23日から2015年11月23日までの14ヶ月間に、有志連合の空爆で死亡した犠牲者が3,952人を記録したと発表した。

犠牲者のうち民間人は250人(子供66人、女性44人)で、3,547人がダーイシュ(イスラーム国)のメンバー、136人がシャームの民のヌスラ戦線メンバー、10人がスンナ軍メンバーだという。

AFP, November 23, 2015、AP, November 23, 2015、ARA News, November 23, 2015、Champress, November 23, 2015、al-Hayat, November 24, 2015、Iraqi News, November 23, 2015、Kull-na Shuraka’, November 23, 2015、al-Mada Press, November 23, 2015、Naharnet, November 23, 2015、NNA, November 23, 2015、Reuters, November 23, 2015、SANA, November 23, 2015、UPI, November 23, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク