ロシア軍は21、22日の2日間で141回の空爆を実施し、ヒムス県、ダイル・ザウル県、ラッカ県のダーイシュ(イスラーム国)の石油関連施設など472カ所を破壊(2015年11月23日)

ロシア国防省は、過去2日(21、22日)でロシア軍戦闘機の出撃回数が141回におよび、シリア領内各所の標的472カ所を空爆、破壊したと発表した。

空爆は、アレッポ県、ダマスカス郊外県、イドリブ県、ラタキア県、ハマー県、ヒムス県、ラッカ県、ダイル・ザウル県に及んだ。

ラタキア県のフマイミーム航空基地に配備されているロシア軍機は、ヒムス県タドムル市一帯、ダイル・ザウル県、ラッカ県で、ダーイシュ(イスラーム国)に占拠されている石油関連施設やタンクローリーの車列に対する空爆を実施した。

ラッカ県では、Su-34戦闘戦闘機がダーイシュが使用するタンクローリー80輌、石油備蓄ターミナル、石油生産プラントを破壊した。

ダイル・ザウル県では、Su-34戦闘爆撃機が、砂漠地帯でタンクローリー複数輌を破壊、過去5日間で破壊したタンクローリーの数は1,000台に達したという。

なお、石油関連施設への空爆はイラクの首都バグダードの情報センターからの情報をもとに実施されたという。

一方、アレッポ県アレッポ市近郊、イドリブ県サラーキブ市、ハマー県マルアト・マディーク町一帯では、違法な武装集団に対して空爆を実施した。

AFP, November 23, 2015、AP, November 23, 2015、ARA News, November 23, 2015、Champress, November 23, 2015、al-Hayat, November 24, 2015、Iraqi News, November 23, 2015、Kull-na Shuraka’, November 23, 2015、al-Mada Press, November 23, 2015、Naharnet, November 23, 2015、NNA, November 23, 2015、Reuters, November 23, 2015、SANA, November 23, 2015、UPI, November 23, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク