エルドーアン大統領はトルコによるテロ支援疑惑に反論する一方、プーチン大統領との直接会談を切望(2015年11月27日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、パリで30日に開催予定のCOP21で、「プーチン大統領と直に会談したい」との意向を表明した。

またロシア軍機を撃墜したことについては「領空侵犯に対して即応しただけだ…。トルコはロシア機を意図的に撃墜したのではない」と述べた。

そのうえで「ロシアは自らの主張を証明しなければならない。しかし、トルコに対して不当な疑惑を向けており、偽っていると思われる」と付言、ロシアがこれまでにもトルコ領空を侵犯してきたとしたうえで、「我々はこの事故をアサド政権支援に利用しようとする…ロシアの不誠実なありようを見過ごすことはない」と述べた。

さらに、ロシアによるアサド政権の支援を「火遊び」と非難、トルコがダーイシュと石油の密売買を行っているとするロシア側の非難については「我々の道徳は、テロ路式から石油を買うことを許さないということを知るべきだ…。トルコはロシアから石油を買っている」と反論した。

AFP, November 27, 2015、AP, November 27, 2015、ARA News, November 27, 2015、Champress, November 27, 2015、al-Hayat, November 28, 2015、Iraqi News, November 27, 2015、Kull-na Shuraka’, November 27, 2015、al-Mada Press, November 27, 2015、Naharnet, November 27, 2015、NNA, November 27, 2015、Reuters, November 27, 2015、SANA, November 27, 2015、UPI, November 27, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク