シリア軍とアル=カーイダ系組織のヌスラ戦線、トルコマン・イスラーム党などからなる反体制派がラタキア県北部、アレッポ県で一進一退の攻防を続ける一方、YPGもアレッポ県北部でヌスラ戦線と交戦(2015年11月27日)

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、県北部のザーヒー山一帯で、シリア軍、国防隊、バアス大隊、アラブ系・アジア系外国人武装集団が、シャームの民のヌスラ戦線、トルキスターン・イスラーム党などからなるジハード主義武装集団と交戦を続けた。

同監視団によると、この戦闘で、ヌスラ戦線、トルキスターン・イスラーム党側は再び、ブルジュ・ザーヒヤを奪還したという。

これに関して、ARA News(11月27日付)は、ヌスラ戦線がブルジュ・ザーヒヤを制圧したと伝えた。

また戦闘の最中、ロシア軍と思われる戦闘機が、トルクメン山(ラビーア町一帯)、ジュッブ・アフマル村一帯を空爆した。

一方、SANA(11月27日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、反体制武装集団との戦闘の末、トルコ国境に近いラフマリーヤ丘、ハドル丘を完全制圧した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がジスル・シュグール市を砲撃、またロシア軍と思われる戦闘機がマアッラト・ヌウマーン市を空爆し、4人が死亡した。

一方、シャーム自由人イスラーム運動は声明を出し、アブー・アンマール・ウマル氏(アブー・アンマール・タフタナーズ)をイドリブ地区司令部司令官の職から解き、ムハンナド・ミスリー総司令官を補佐する副司令官に任命したと発表した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍ヘリコプターや戦闘機がムーリク市、ラターミナ町、マアルキバ村、ラハーヤー村を空爆した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員がアレッポ市ザフラー協会地区一帯で、チェチェン人からなるムハージリーン・ワ・アンサール軍などのジハード主義武装集団と交戦した。

またアレッポ市南部郊外では、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、アラブ系・アジア系外国人武装集団が、トルキスターン・イスラーム党、ジュンド・アクサー機構などジハード主義武装集団と交戦し、シリア軍がズィルバ村、ハーン・トゥーマーン村を砲撃した。

これに対して、ジハード主義武装集団側もハルサ村に対して砲撃を行った。

このほか、アアザーズ市郊外のマーリキーヤ村一帯、カシュタアール村一帯では、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と反体制武装集団(西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊と共闘するシリア民主軍所属組織と思われる)が交戦した。

一方、SANA(11月27日付)によると、シリア軍がアレッポ市ラームーサ地区、ブスターン・バーシャー地区、シャイフ・バクル地区、バニー・ザイド地区、ラーシディーン地区、アーミリーヤ地区、マンスーラ村、アーミリーヤ村、ズィーターン村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、クッルナー・シュラカー(11月28日付)によると、ロシア軍戦闘機がアアザーズ市を空爆し、住民3人が死亡、6人が負傷した。

またこの空爆に先立って、26日にもロシア軍戦闘機は、バーブ・サラーマ国境通行所近くで人道支援物資を搬送中の車列を空爆したという。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダーライヤー市各所を「樽爆弾」などで空爆、同市一帯およびマルジュ・スルターン村一帯でジハード主義武装集団と交戦した。

またロシア軍と思われる戦闘機がハーン・シャイフ・キャンプ一帯、ザブディーン村、ナシャービーヤ町などを空爆した。

一方、SANA(11月27日付)によると、シリア軍がバイト・ジンヌ村農場地帯、ハラスター市郊外(ラフマ燃料配給所)、ドゥーマー市、マルジュ・スルターン村西部一帯、ダイル・アサーフィール市農場地帯でイスラーム軍、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がタルビーサ市各所を砲撃した。

一方、SANA(11月27日付)によると、シリア軍がタッルドゥー市、ハウラ地方、タルビーサ市でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がインヒル市、ジャースィム市、サムリーン村、ザムリーン村、ジャービヤ丘、ナイーマ村を砲撃、ジハード主義武装集団戦闘員1人が死亡した。

またシリア軍がシャイフ・マスキーン市を「樽爆弾」で空爆した。

一方、SANA(11月27日付)によると、シリア軍がダルアー県ブスラー広場一帯でシャームの民のヌスラ戦線と交戦、同地南部の建物群8カ所を制圧した。

シリア軍はまた、ダルアー市避難民キャンプ地区、マンシヤ地区で反体制武装集団の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(11月29日付)によると、ロシア軍がスーラ町を空爆し、子供4人を含む住民6人が死亡した。

**

クナイトラ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がハムル丘を砲撃した。

AFP, November 27, 2015、AP, November 27, 2015、ARA News, November 27, 2015、Champress, November 27, 2015、al-Hayat, November 28, 2015、Iraqi News, November 27, 2015、Kull-na Shuraka’, November 27, 2015、November 28, 2015、November 29, 2015、al-Mada Press, November 27, 2015、Naharnet, November 27, 2015、NNA, November 27, 2015、Reuters, November 27, 2015、SANA, November 27, 2015、UPI, November 27, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク