アル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動がダマスカス郊外県ジャイルード市からダーイシュ(イスラーム国)を放逐する一方、同地の武装集団を第2歩兵師団が吸収合併(2016年1月6日)

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(1月6日付)によると、シャーム自由人イスラーム運動が、東カラムーン地方のジャイルード市を、ダーイシュ(イスラーム国)と交戦の末に制圧したと発表した。

またこれと時を同じくして、東カラムーン地方で活動を続けてきたジャイルード殉教者大隊がビデオ声明を発表し、大隊を解体し、ハーニー・ジャーウール准将が率いる第2歩兵師団がこれを編入・統合すると発表した。

第2歩兵師団は2015年11月に、シャームの民旅団、スィッディーク旅団、カラムーンの兵旅団、カラムーンの火山が統合して、結成した組織。

AFP, January 6, 2016、AP, January 6, 2016、ARA News, January 6, 2016、Champress, January 6, 2016、al-Hayat, January 7, 2016、Iraqi News, January 6, 2016、Kull-na Shuraka’, January 6, 2016、al-Mada Press, January 6, 2016、Naharnet, January 6, 2016、NNA, January 6, 2016、Reuters, January 6, 2016、SANA, January 6, 2016、UPI, January 6, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク