アレッポ県各所で、ダーイシュ(イスラーム国)がYPG主体のシリア民主軍、「穏健な反体制派」、シリア軍と交戦(2016年1月6日)

アレッポ県では、ARA News(1月6日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)は、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍によって制圧されたユーフラテス川のティシュリーン・ダム一帯をマンビジュ市西方から攻撃、これに対して有志連合がダム一帯を空爆し、ダーイシュの車輌などを破壊した。

また、県北部のいわゆる「安全地帯」内の主要都市マーリア市に隣接するハルバル村、タラーリーン村でも、ダーイシュが進軍を試み、シャーム戦線やマーリア作戦司令室と交戦した。

このほか、SANA(1月6日付)によると、シリア軍がタッル・ハッターバート村でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(1月6日付)によると、シリア軍がタドムル市西部ドゥーワ地区、果樹園一帯、カルヤタイン市郊外、ジュッブ・ジャッラーフ村でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラッカ県では、『ハヤート』(1月8日付)によると、トルコ軍が、西クルディスタン移行期民政局の支配下にある国境の町タッル・アブヤド市を砲撃した。

AFP, January 6, 2016、AP, January 6, 2016、ARA News, January 6, 2016、Champress, January 6, 2016、al-Hayat, January 7, 2016、January 8, 2016、Iraqi News, January 6, 2016、Kull-na Shuraka’, January 6, 2016、al-Mada Press, January 6, 2016、Naharnet, January 6, 2016、NNA, January 6, 2016、Reuters, January 6, 2016、SANA, January 6, 2016、UPI, January 6, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク