エジプトのシュクリー外相「ロシアがシリアでの軍事作戦でテロ組織とそれ以外を区別できると信用している」(2016年1月13日)

エジプトのサーミフ・シュクリー外務大臣は訪問先のドイツでDPA(1月13日付)に対し、「エジプトはロシアがシリアでの軍事作戦を通じてテロ組織とそれ以外の標的を区別できると信用している」と述べ、ロシアが無差別に空爆を行っているとの西側指導者・メディアの主張に疑義を呈した。

AFP, January 13, 2016、AP, January 13, 2016、ARA News, January 13, 2016、Champress, January 13, 2016、DPA, January 13, 2016、al-Hayat, January 14, 2016、Iraqi News, January 13, 2016、Kull-na Shuraka’, January 13, 2016、al-Mada Press, January 13, 2016、Naharnet, January 13, 2016、NNA, January 13, 2016、Reuters, January 13, 2016、SANA, January 13, 2016、UPI, January 13, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク