米軍がハサカ県ルマイラーン油田近郊の農業用飛行場に駐留か?(2016年1月14日)

ARA News(1月14日付)は、ハサカ県ルマイラーン町近郊にあるルマイラーン油田に通じた匿名消息筋の話として、2011年以降使用されていなかった同市郊外の農業用飛行場が再稼働し、「米国旗が縫いつけられた服を着た専門家」が何度も目撃されている、と伝えた。

またカドリー・ムハンマドを名乗る住民によると、所属不明のヘリコプターがほぼ毎日、ルマイラーン町郊外を低空で飛行してている、という。

AFP, January 14, 2016、AP, January 14, 2016、ARA News, January 14, 2016、Champress, January 14, 2016、al-Hayat, January 15, 2016、Iraqi News, January 14, 2016、Kull-na Shuraka’, January 14, 2016、al-Mada Press, January 14, 2016、Naharnet, January 14, 2016、NNA, January 14, 2016、Reuters, January 14, 2016、SANA, January 14, 2016、UPI, January 14, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク