シリア軍がアレッポ市南部郊外、ダルアー県シャイフ・マスキーン市でヌスラ戦線などとの戦闘を続ける(2016年1月14日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊などが、ハーン・トゥーマーン村の森林地帯などでシリア・ムスリム同胞団系のシャーム軍団などからなる反体制武装集団との戦闘を続けた。

シリア軍はまた、アレッポ市サイフ・ダウラ地区、アアザミーヤ地区、ブスターン・バーシャー地区、ラーシディーン地区、ライラムーン地区などで、シャームの民のヌスラ戦線、ジュンド・アクサー機構、トルキスターン・イスラーム党などからなる反体制武装集団と交戦した。

一方、SANA(1月14日付)によると、シリア軍がアレッポ市シャッアール地区、ライラムーン地区、バニー・ザイド地区、スッカリー地区、カラム・マイサル地区、アンサーリー地区、バーブ・ハディード地区、ラーシディーン地区、シャイフ・サイード地区、旧市街で、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍はダルアー市マンシヤ地区一帯、シャイフ・マスキーン市でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(1月14日付)によると、シリア軍がシャイフ・マスキーン市一帯でシャームの民のヌスラ戦線、イスラーム・ムサンナー運動などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、ARA News(1月14日付)によると、ダルアー市旧市街で、シャームの民のヌスラ戦線の司令官(アミール)ウンス・アブー・ヌブート氏(アブー・アブドゥッラー)が何者かに殺害され、遺体で発見された。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ムウダミーヤト・シャーム市にシリア軍が地対地ミサイルと思われる砲弾で攻撃を加えるとともに、ダーライヤー市一帯で、ジハード主義武装集団と交戦した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、サルマー町で、シリア軍とジハード主義武装集団が交戦し、シリ軍士官(中佐)が死亡した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ファトフ軍の支配下にあるジスル・シュグール市内で地雷が爆発し、トルキスタン人戦闘員2人を含む4人が死亡した。

**

ハマー県では、SANA(1月14日付)によると、シリア軍が県南部のダイル・ファルディース村で反体制武装集団を掃討し、同地を完全制圧した。

シリア軍はまた、ラターミナ町でイッザ連合の拠点に対して特殊作戦を行い、戦闘員5人を殲滅したほか、カフルズィーター市ではファトフ軍に対して特殊作戦を行い、戦闘員2人を殺害した。

AFP, January 14, 2016、AP, January 14, 2016、ARA News, January 14, 2016、Champress, January 14, 2016、al-Hayat, January 15, 2016、Iraqi News, January 14, 2016、Kull-na Shuraka’, January 14, 2016、al-Mada Press, January 14, 2016、Naharnet, January 14, 2016、NNA, January 14, 2016、Reuters, January 14, 2016、SANA, January 14, 2016、UPI, January 14, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク