ケリー米国務長官とラヴロフ露外相が会談し、反体制派代表の人選をデミストゥラ氏に一任することを原則合意(2016年1月20日)

ジョン・ケリー米国務長官とロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣はスイスのチューリッヒで会談し、1月25日に開催予定のジュネーブ3会議について協議した。

この会談に関して、『ワタン』(1月21日付)は、シリア公式筋の話として、ケリー国務長官とラヴロフ外務大臣が、リヤド最高交渉委員会とロシア政府が提示した二つの候補者リストをもとにスタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表に反体制派統一代表メンバーの最終選考を一任することで原則合意したと伝えた。

そのうえで、複数の外交筋の話として、ジュネーブ3会議には、シリア政府と反体制派の二つの代表団が参加するだろう、と付言した。

AFP, January 21, 2016、AP, January 21, 2016、ARA News, January 21, 2016、Champress, January 21, 2016、al-Hayat, January 22, 2016、Iraqi News, January 21, 2016、Kull-na Shuraka’, January 21, 2016、al-Mada Press, January 21, 2016、Naharnet, January 21, 2016、NNA, January 21, 2016、Reuters, January 21, 2016、SANA, January 21, 2016、UPI, January 21, 2016、al-Watan, January 21, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク