ロシア軍はアレッポ市東部のクワイリス軍事飛行場の使用を検討するが、困難との結論に達する(2016年1月22日)

シリア人権監視団は、シリア軍が2015年末にダーイシュ(イスラーム国)の包囲解除に成功したアレッポ県アレッポ市東部のクワイリス航空基地にロシア軍士官および技術者15人からなるチームが訪問したと発表した。

ロシア軍・技術者チームは、シリア領内での軍事作戦でロシア軍戦闘機の離着陸に使用可能かを調査したが、現時点では滑走路や施設の大幅な修復・拡張を必要とするため、使用困難との結論に達したという。

AFP, January 22, 2016、AP, January 22, 2016、ARA News, January 22, 2016、Champress, January 22, 2016、al-Hayat, January 23, 2016、Iraqi News, January 22, 2016、Kull-na Shuraka’, January 22, 2016、al-Mada Press, January 22, 2016、Naharnet, January 22, 2016、NNA, January 22, 2016、Reuters, January 22, 2016、SANA, January 22, 2016、UPI, January 22, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク