ロシア軍は22~24日の3日間で169回の出撃を行い、484カ所を空爆(2016年1月25日)

ロシア外務省は、1月22~24日の3日間で、シリア駐留ロシア軍戦闘機の出撃回数が169回に達し、「テロリストのインフラ」484カ所を攻撃・破壊したと発表した。

空爆はラタキア県北部(ラビーア町一帯)、ダイル・ザウル市一帯に対して実施されたという。

AFP, January 25, 2016、AP, January 25, 2016、ARA News, January 25, 2016、Champress, January 25, 2016、al-Hayat, January 26, 2016、Iraqi News, January 25, 2016、Kull-na Shuraka’, January 25, 2016、al-Mada Press, January 25, 2016、Naharnet, January 25, 2016、NNA, January 25, 2016、Reuters, January 25, 2016、SANA, January 25, 2016、UPI, January 25, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク