民主連合党のサーリフ・ムスリム党首ら「モスクワ・リスト」に名を連ねる主導的反体制活動家5人はジュネーブ入りし、リヤド最高交渉委員会と対等な地位を求める(2016年1月28日)

『ハヤート』(1月29日付)によると、ジュネーブ3会議への参加をめざすいわゆる「ロシア・リスト」の主導的活動家5人は、滞在先のスイスのローザンヌからジュネーブに移動し、会議の主催者である国連(スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表)に対してリヤド最高交渉委員会と同等の代表権を与えるよう要請する書簡を提出した。

ジュネーブ入りしたのは、変革解放人民戦線代表のカドリー・ジャミール前副首相、民主連合党のサーリフ・ムスリム共同党首、シリア民主評議会のハイサム・マンナーア共同代表、イルハーム・アフマド氏、ランダ・カッスィース氏。

書簡で5人は、リヤド最高交渉委員会と「モスクワ・リスト」の代表者の数をそれぞれ15人とするよう要請したという。

また「モスクワ・リスト」に名を連ねる、ナムルード・スライマーン氏、サリーム・ハイル・ビク氏は28日、ジュネーブへの到着を30日から1日に延期すると発表した。

AFP, January 28, 2016、AP, January 28, 2016、ARA News, January 28, 2016、Champress, January 28, 2016、al-Hayat, January 29, 2016、Iraqi News, January 28, 2016、Kull-na Shuraka’, January 28, 2016、al-Mada Press, January 28, 2016、Naharnet, January 28, 2016、NNA, January 28, 2016、Reuters, January 28, 2016、SANA, January 28, 2016、UPI, January 28, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク