シリア軍とYPGは、アレッポ県北部の反体制派拠点都市タッル・リフアト市近郊のカフィーン村を制圧する一方、シャーム自由人イスラーム運動はラタキア県カルダーハ市を砲撃(2016年2月8日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊がロシア軍の航空支援を受け、ヌッブル市の北部に位置するマンナグ航空基地に近いマルアナーズ村、アクラミーヤ村、そしてダイル・ジャマール村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団を掃討し、同地を制圧した。

人民防衛隊はこれに先立ち、その南部に位置するズィヤーラ村、ヒルバ村、タームーラ村一帯を制圧している。

これに関して、シリア人権監視団のラーミー・アブドゥッラフマーン代表は、人民防衛隊による同地一帯の制圧に先立って、人民防衛隊とヌスラ戦線ら武装集団が後者の撤退をめぐる合意を結んでいたため、戦闘はほとんど起こらなかったと指摘した。

またARA News(2月8日付)によると、人民防衛隊と革命家軍からなるシリア民主軍はまた、ヌスラ戦線やシャーム自由人イスラーム運動との戦闘の末、カフルアントゥーン村、アジャール丘などを制圧した。

人民防衛隊がヌッブル市一帯からトルコ国境方面に向け北進する一方、シリア軍もヌッブル市北東部のタッル・アブヤド市方面に進軍、同市から5キロの距離に位置するカフィーン村を制圧した。

一方、SANA(2月8日付)によると、シリア軍が「支援部隊」(القوى المؤازرة)の支援を受け、ヌッブル市に隣接するカフィーン村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の掃討を完了し、同地を制圧、治安と安定を回復した。

「支援部隊」がどのような武装集団によって構成されているかは明らかにされていないが、5日に同地を制圧したとされる西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊であると思われる。

シリア軍はまた、アレッポ市ラーシディーン地区、ライラムーン地区、バニー・ザイド地区で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、クッルナー・シュラカー(2月8日付)によると、ロシア軍がアレッポ市サーリヒーン地区、カッラーサ地区、シャイフ・サイード地区、スッカリー地区、アイン・タッル地区などを空爆、サーリヒーン地区では住民18人が死亡した。

また、ARA News(2月8日付)によると、シャームの民のヌスラ戦線がアレッポ市シャイフ・マクスード地区にいたるカースティールー街道で住民に乱射し、女児2人が負傷した。

**

ラタキア県では、クッルナー・シュラカー(2月8日付)によると、カルダーハ市とバシュラーマー村の「革命家部隊」が、カルダーハ市およびその一帯を迫撃砲で攻撃、うち5発が市内などに着弾し、女性1人と国防隊隊員1人を含む3人が死亡、8人が負傷した。

迫撃砲は、カルダーハ市内のアッルーシュ地区、ハーフィズ・アサド廟、バシュラーマー村などを狙って発射されたという。

この攻撃に関して、アル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動はインターネットを通じてビデオ声明(http://all4syria.info/Archive/291537)を出し、カルダーハ市とフマイミーム航空基地(バースィル・アサド国際飛行場)を迫撃砲で攻撃したと発表した。

一方、SANA(2月8日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、県北部のフール村、ルワイサート村、スワイディーヤ村、ワーディー・アズラク、ザフラト・バイドアル・マフルーク、アクターフ村、ハンダク・シャーフール、ズィヤーラト・バイダー丘、第1112地点、第932地点、第816地点、第466地点、第529.5地点、第425.5地点などで反体制武装集団を掃討し、同地を制圧、治安と安定を回復した。

**

赤十字国際委員会は、シリア軍、ヒズブッラー戦闘員が包囲を続けるダマスカス郊外県マダーヤー町の住民約700世帯(約3,500人)への人道支援物資が新たに搬入されたと発表した。

ロイター(2月8日付)が伝えた。

**

ヒムス県では、SANA(2月8日付)によると、シリア軍が下ムハッラム村一帯、イッズッディーン村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(2月8日付)によると、シリア軍がダルアー市スィーバ地区、カラク地区、アッバースィーヤ地区でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(2月8日付)によると、シリア軍がヒーシュ村、タマーニア町、ラターミナ町、サルバ村、ジュッブ・マラービア村、カフルズィーター市、アトシャーン村、サイヤード村でファトフ軍の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, February 8, 2016、AP, February 8, 2016、ARA News, February 8, 2016、Champress, February 8, 2016、al-Hayat, February 9, 2016、Iraqi News, February 8, 2016、Kull-na Shuraka’, February 8, 2016、al-Mada Press, February 8, 2016、Naharnet, February 8, 2016、NNA, February 8, 2016、Reuters, February 8, 2016、SANA, February 8, 2016、UPI, February 8, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク