シリア人権監視団のアブドゥッラフマーン代表「ダーイシュの幹部司令官アブー・ウマル・シーシャーニー氏は重傷を負ったが死んでいない」(2016年3月10日)

シリア人権監視団のラーミー・アブドゥッラフマーン代表はAFP(3月10日付)に対して、ダーイシュ(イスラーム国)の幹部司令官の一人アブー・ウマル・シーシャーニー氏が死亡したとする米匿名高官の発言に関して、重傷を負っているが死んでいないとの情報を得たことを明らかにした。

アブドゥッラフマーン代表は、ダーイシュ内の複数の消息筋の話として、シーシャーニー氏はハサカ県南部で乗っていた車を有志連合に空爆され、重傷を負い、ラッカ県に搬送、外国人医師が治療のために呼び出されたと述べた。

AFP, March 10, 2016、AP, March 10, 2016、ARA News, March 10, 2016、Champress, March 10, 2016、al-Hayat, March 11, 2016、Iraqi News, March 10, 2016、Kull-na Shuraka’, March 10, 2016、al-Mada Press, March 10, 2016、Naharnet, March 10, 2016、NNA, March 10, 2016、Reuters, March 10, 2016、SANA, March 10, 2016、UPI, March 10, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク