シリア軍はダーイシュとの戦闘の末、アレッポ市・ハナースィル市街道一帯の8カ村を制圧(2016年3月10日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアレッポ市・ハナースィル市街道一帯でダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を続け、ハナースィル市近郊のアアラー村、小ハヤート村、大ハヤート村を制圧した。

また戦闘機(所属明示せず)が、ダーイシュの拠点都市の一つマンビジュ市近郊のマフドゥーム村、ザーキヤ村に対して空爆を行った。

一方、SANA(3月10日付)によると、シリア軍が「支援部隊」とともにハナースィル市東部一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、8カ村を制圧した。

シリア軍が制圧したのは大ハヤート村、小ハヤート村、ズブド村、タウィーラ村、クライア村、ハッラ村、フカイル村、ヒルバト・ムーサ村の8カ村のほか、ドゥライヒム平原、ブフース丘。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるタドムル市およびその一帯、カルヤタイン市およびその一帯を空爆、またシリア軍がカルヤタイン市一帯、シャーイル・ガス採掘所一帯でダーイシュと交戦した。

**

ハサカ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(3月10日付)によると、ハサカ県西部とラッカ県北部を結ぶ街道一帯からダーイシュ(イスラーム国)が撤退したのを受け、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍が同地を掌握した。

ダーイシュが撤退したのは、ハサカ県西部のウンム・ダフア村、バラーキア村、シャッラーリーヤ村、ラッカ県北部のアイン・ジャルマー村、ラアス・タッル村。

AFP, March 10, 2016、AP, March 10, 2016、ARA News, March 10, 2016、Champress, March 10, 2016、al-Durar al-Shamiya, March 10, 2016、al-Hayat, March 11, 2016、Iraqi News, March 10, 2016、Kull-na Shuraka’, March 10, 2016、al-Mada Press, March 10, 2016、Naharnet, March 10, 2016、NNA, March 10, 2016、Reuters, March 10, 2016、SANA, March 10, 2016、UPI, March 10, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク