リヤド最高交渉委員会に参加するシリア革命反体制勢力国民連立と民主的変革諸勢力国民調整委員会がブリュッセルで会合(2016年6月13日)

リヤド最高交渉委員会に参加するシリア革命反体制勢力国民連立と民主的変革諸勢力国民調整委員会はベルギーの首都ブリュッセルで会合を開き、ジュネーブ3会議への対応などについて協議した。

両組織の会合は2015年7月から行われており、今回の会合は4度目となる。

会合に参加した欧州対外行動庁(EEAS)のアラン・ルロワ事務総長は「現在重要なのは、脆弱さを増す政治プロセスを拡充することだ」と述べ、8月までに移行期を開始するべく取り組むよう呼びかけた。

会合はシリア革命反体制勢力国民連立のアナス・アブダ代表と民主的変革諸勢力国民調整委員会のハサン・アブドゥルアズィーム代表が共同議長を務め、双方のメンバー20人ずつと、EEASの外交スタッフ40人が参加した。

AFP, June 13, 2016、AP, June 13, 2016、ARA News, June 13, 2016、Champress, June 13, 2016、al-Hayat, June 14, 2016、Iraqi News, June 13, 2016、Kull-na Shuraka’, June 13, 2016、al-Mada Press, June 13, 2016、Naharnet, June 13, 2016、NNA, June 13, 2016、Reuters, June 13, 2016、SANA, June 13, 2016、UPI, June 13, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク