アレッポ県北西部マーリア市一帯でダーイシュと反体制武装集団の戦闘続く(2016年6月13日)

アレッポ県では、ARA News(6月14日付)によると、県北西部のダービク村、トゥルクマーン・バーリフ村に展開するダーイシュ(イスラーム国)が反体制武装集団(ムウタスィム・ビッラー旅団)の拠点都市マーリア市を砲撃した。

またダーイシュはタッル・アフマル村・ジャーリズ村回廊一帯でスルターン・ムラード旅団と交戦、シャーム軍団とスルターン・ムラード旅団などからなる武装集団はガザル村、ヤフムール村を制圧した。

AFP, June 13, 2016、AP, June 13, 2016、ARA News, June 13, 2016、Champress, June 13, 2016、al-Hayat, June 14, 2016、Iraqi News, June 13, 2016、Kull-na Shuraka’, June 13, 2016、al-Mada Press, June 13, 2016、Naharnet, June 13, 2016、NNA, June 13, 2016、Reuters, June 13, 2016、SANA, June 13, 2016、UPI, June 13, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク