ロシア軍・シリア軍がラッカ県のダーイシュの拠点都市タブカ市を爆撃し、住民17人が死亡(2016年6月17日)

ラッカ県では、クッルナー・シュラカー(6月18日付)によると、ロシア軍戦闘機がダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つタブカ市を空爆し、住民17人が死亡、数十人が負傷した。

ARA News(6月17日付)によると、空爆を行ったのはシリア軍。

**

アレッポ県では、ARA News(6月17日付)によると、アレッポ・ファトフ軍作戦司令室が県北西部マーリア市に近いタラーリーン村内のダーイシュ(イスラーム国)拠点を攻撃した。

一方、ダーイシュは、スルターン・ムラード旅団、シャーム軍団との戦闘の末、タッル・バッタール村を奪還した。

**

スワイダー県では、SANA(6月16日付)によると、シリア軍がマシュバク・ワドヤーン地区一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を攻撃した。

AFP, June 17, 2016、AP, June 17, 2016、ARA News, June 17, 2016、Champress, June 17, 2016、al-Hayat, June 18, 2016、Iraqi News, June 17, 2016、Kull-na Shuraka’, June 17, 2016、June 18, 2016、al-Mada Press, June 17, 2016、Naharnet, June 17, 2016、NNA, June 17, 2016、Reuters, June 17, 2016、SANA, June 17, 2016、UPI, June 17, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク