ロシア軍と思われる戦闘機がダーイシュの主要拠点ラッカ市を爆撃し、住民25人以上が死亡(2016年6月21日)

ラッカ県では、シリア人権監視団などによると、戦闘機(シリア軍かロシア軍かは不明)がダーイシュ(イスラーム国)の中心拠点ラッカ市を複数回にわたり空爆し、住民25人が死亡、数十人が負傷した。

クッルナー・シュラカー(6月22日付)によると、ラッカ市を空爆したのはロシア軍で、死者は30人に達しているという。

空爆は、ラッカ県南西部でのダーイシュの反転攻勢により、シリア軍が撤退を強いられたことを受けた動きだという。

AFP, June 22, 2016、AP, June 22, 2016、ARA News, June 22, 2016、Champress, June 22, 2016、al-Hayat, June 23, 2016、Iraqi News, June 22, 2016、Kull-na Shuraka’, June 22, 2016、al-Mada Press, June 22, 2016、Naharnet, June 22, 2016、NNA, June 22, 2016、Reuters, June 22, 2016、SANA, June 22, 2016、UPI, June 22, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク