ロシア軍、ないしはシリア軍の戦闘機がダーイシュ支配下のダイル・ザウル県クーリーヤ村を爆撃し70人近くが死亡する一方、ダーイシュはヒムス県フワイスィース村一帯を制圧(2016年6月25日)

ダイル・ザウル県では、ARA News(6月25日付)などによると、所属不明の戦闘機(シリア軍ないしはロシア軍)がダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるフーリーヤ市を激しく空爆、70人近くが死亡、100人が負傷した。
した。

死亡した約70人はほとんどが民間人だという(シリア人権監視団によると、身元が判明した47人のうち31人が民間人。その後、死者数は民間人58人を含む82人に達した)。

空爆は市内の市場を標的としたものだったという。

一方、SANA(6月25日付)によると、シリア軍がサルダ山一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆した。

ARA News, June 25, 2016

ARA News, June 25, 2016

**

ヒムス県では、ダーイシュ(イスラーム国)の広報部門アアマーク通信によると、ダーイシュがフワイスィース村一帯でシリア軍と交戦、兵士20人を殲滅し、同市一帯の拠点および丘陵地帯(サワーン丘)を制圧した。

また、シリア人権監視団によると、タドムル市東方の穀物サイロ一帯で、シリア軍とダーイシュが戦闘を続ける一方、戦闘機(所属明示せず)がシャーイル油田一帯を空爆した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がタブカ市南部郊外のダーイシュ(イスラーム国)支配地域を空爆した。

これに関して、SANA(6月25日付)は、シリア軍がタブカ市南方でダーイシュ(イスラーム国)の車列を空爆、また県西部でもダーイシュの拠点を空爆したと伝えた。

**

ハマー県では、SANA(6月25日付)によると、シリア軍がサラミーヤ市郊外でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を攻撃した。


AFP, June 25, 2016、AP, June 25, 2016、ARA News, June 25, 2016、Champress, June 25, 2016、al-Hayat, June 26, 2016、June 27, 2016、Iraqi News, June 25, 2016、Kull-na Shuraka’, June 25, 2016、al-Mada Press, June 25, 2016、Naharnet, June 25, 2016、NNA, June 25, 2016、Reuters, June 25, 2016、SANA, June 25, 2016、UPI, June 25, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク