YPG主体のシリア民主軍が有志連合の爆撃支援を受けマンビジュ市内でダーイシュと交戦(2016年6月25日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、ダーイシュ(イスラーム国)が籠城するマンビジュ市内南部および西部でダーイシュと交戦し、有志連合が空爆でこれを支援した。

また、ARA News(6月25日付)によると、シリア民主軍はまたマンビジュ市東部1キロの地点に位置するハッターフ村を制圧した。


AFP, June 25, 2016、AP, June 25, 2016、ARA News, June 25, 2016、Champress, June 25, 2016、al-Hayat, June 26, 2016、Iraqi News, June 25, 2016、Kull-na Shuraka’, June 25, 2016、al-Mada Press, June 25, 2016、Naharnet, June 25, 2016、NNA, June 25, 2016、Reuters, June 25, 2016、SANA, June 25, 2016、UPI, June 25, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク