ダーイシュ・アレッポ州広報局は過去2日でマンビジュ市一帯でYPG主体のシリア民主軍兵士90人以上を殺害したと発表(2016年6月26日)

アレッポ県では、ダーイシュ(イスラーム国)アレッポ州広報局が、マンビジュ市一帯でのダーイシュと西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の戦闘で、この2日間に、ダーイシュがシリア民主軍の隊員91人を殺害したと伝えた。

一方、シリア人権監視団によると、シリア民主軍はマンビジュ市南部で、有志連合の空爆支援を受け、ダーイシュと交戦した。

また、ARA News(6月27日付)によると、シリア民主軍所属のマンビジュ軍事評議会は、マンビジュ市北部郊外のハワーティマ地区を制圧した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、アイン・イーサー市西部で、ダーイシュ(イスラーム国)が、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に参加するラッカ革命家旅団と交戦した。

**

ダイル・ザウル県では、ARA News(6月27日付)などによると、ダーイシュ(イスラーム国)がダイル・ザウル市内で、シリア人権監視団の活動家を殺害、その映像を公開した。

シリア人権監視団によると、殺害されたのはサーミー・ジャウダト・ラバーフ・アブー・イスラームを名乗る活動家で、ダーイシュの自宅で、コンピュータとともに縛り付けられた彼を爆殺したという。

一方、SANA(6月26日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市南東部および東部郊外、サルダ山一帯、マリーイーヤ村、タービヤ村のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆した。

**

ヒムス県では、ARA News(6月27日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がカルヤタイン市南部郊外のシリア軍拠点複数カ所を攻撃した。

一方、SANA(6月26日付)によると、シリア軍がシャーイル油田一帯のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆した。

AFP, June 26, 2016、AP, June 26, 2016、ARA News, June 26, 2016、Champress, June 26, 2016、al-Hayat, June 27, 2016、Iraqi News, June 26, 2016、Kull-na Shuraka’, June 26, 2016、al-Mada Press, June 26, 2016、Naharnet, June 26, 2016、NNA, June 26, 2016、Reuters, June 26, 2016、SANA, June 26, 2016、UPI, June 26, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク