米主導の有志連合は27~29日までの3日間でイラク国境に面するブーカマール市近郊を8回、YPG主体のシリア民主軍が包囲するマンビジュ市一帯を19回空爆(2016年6月30日)

米中央軍(CENTCOM)は、6月27日~29日までの3日間のシリア、イラク両国での有志連合の戦果をHPで発表した。

発表によると、6月27日はシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して23回の空爆を実施、このうちシリア領内での空爆は12回で、ラッカ市近郊(2回)、ダイル・ザウル市近郊(1回)、マンビジュ市近郊(7回)、マーリア市近郊(2回)に対して攻撃が行われた。

6月28日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して32回の空爆を実施、このうちシリア領内での空爆は15回で、ブーカマール市近郊(8回)、マンビジュ市近郊(6回)、マーリア市近郊(1回)に対して攻撃が行われた。

6月29日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して26回の空爆を実施、このうちシリア領内での空爆は7回で、ブーカマール市近郊(1回)、マンビジュ市近郊(6回)に対して攻撃が行われた。

CENTCOM, June 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク