ケリー米国務長官「ロシアがアレッポへの攻撃を停止しなければ、ロシアとの二国間の取り組みを中止する」(2016年9月29日)

米国のジョン・ケリー国務長官はロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣と電話会談を行い、シリア情勢について意見を交わした。

電話会談のなかで、ケリー国務長官は、「ロシアがアレッポ市に対する攻撃をただちに停止しなければ、米国はシリア情勢をめぐるロシアとの二国間の取り組みを中止する」と述べたという。

**

米国のトニー・ブリンケン国務副長官は上院外交員会公聴会で、シリア情勢への対応に関して証言、そのなかで、バラク・オバマ大統領の指示を受け、シリア国内の内戦を終結させ、政治移行期に着手するという目的を達成するための他の複数の選択肢を検討している」と述べた。

AFP, September 30, 2016、AP, September 30, 2016、ARA News, September 30, 2016、Champress, September 30, 2016、al-Hayat, October 1, 2016、Iraqi News, September 30, 2016、Kull-na Shuraka’, September 30, 2016、al-Mada Press, September 30, 2016、Naharnet, September 30, 2016、NNA, September 30, 2016、Reuters, September 30, 2016、SANA, September 30, 2016、UPI, September 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク