ロシア大統領府報道官「ロシアのシリア駐留に期限設けず」(2016年9月30日)

ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、ロシア軍がシリアでの空爆を開始してから1年が経ったのに合わせて、電話を通じて記者会見を行い、「過去1年間でのシリア国内でのイスラーム過激派へのロシア軍の空爆の主な成果として、ダーイシュ(イスラーム国)も、アル=カーイダも、シャームの民のヌスラ戦線もダマスカスから居なくなった」と自賛、またシリアでのロシアの駐留に期限を設けず、引き続き「テロとの戦い」に取り組むと表明した。

AFP, September 30, 2016、AP, September 30, 2016、ARA News, September 30, 2016、Champress, September 30, 2016、al-Hayat, October 1, 2016、Iraqi News, September 30, 2016、Kull-na Shuraka’, September 30, 2016、al-Mada Press, September 30, 2016、Naharnet, September 30, 2016、NNA, September 30, 2016、Reuters, September 30, 2016、SANA, September 30, 2016、UPI, September 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク