ロシア外務省報道官「米国がシリア政府・軍を直接攻撃すれば、中東に恐るべき変化が生じる」(2016年10月1日)

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は「シリア政府やシリア軍に対して米国が直接的な敵対行為も行えば、シリアだけでなく中東に恐るべき変化がもたらされることになろう」と述べた。

『ハヤート』(10月2日付)などが伝えた。

AFP, October 1, 2016、AP, October 1, 2016、ARA News, October 1, 2016、Champress, October 1, 2016、al-Hayat, October 2, 2016、Iraqi News, October 1, 2016、Kull-na Shuraka’, October 1, 2016、al-Mada Press, October 1, 2016、Naharnet, October 1, 2016、NNA, October 1, 2016、Reuters, October 1, 2016、SANA, October 1, 2016、UPI, October 1, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク