ケリー米国務長官が自身の外交努力を軍が後押ししてくれないと不満を述べる音声データが流出(2016年9月30日)

『ニューヨーク・タイムズ』(9月30日付)は、ジョン・ケリー米国務長官がシリアの市民グループとの懇談で、自身の外交努力を軍が後押ししてくれないことに繰り返し不満を述べる様子を録音した音声データを入手、インターネット(http://www.nytimes.com/interactive/2016/09/30/world/middleeast/john-kerry-syria-audio.html?_r=0)を通じて公開した。

公開された音声データのなかで、ケリー国務長官は「我々は外交努力を行ってきた。それがもどかしいことを私は理解している…。我々ほどもどかしく感じている者はいない…。政権内で武力行使を指示してきた3、4人程度しかおらず、私がこの討議で負けたのを見てきたと思う…。問題は我々と異なりロシアが国際法を気にしていないことにある」などと述べている。

AFP, October 1, 2016、AP, October 1, 2016、ARA News, October 1, 2016、Champress, October 1, 2016、al-Hayat, October 2, 2016、Iraqi News, October 1, 2016、Kull-na Shuraka’, October 1, 2016、al-Mada Press, October 1, 2016、Naharnet, October 1, 2016、The New York Times, September 30, 016、NNA, October 1, 2016、Reuters, October 1, 2016、SANA, October 1, 2016、UPI, October 1, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク