各地で合わせて数万人が反体制デモを組織し12名が殺害される、国連人権高等弁務官がシリアにおける「内戦」の勃発に関して警鐘を鳴らす(2011年10月14日)

反体制運動掃討

ハサカ県カーミシュリー市では約20,000人のクルド人がミシュアル・タンムー氏追悼の行進に参加した。

Kull-na Shurakā’, October 14, 2011

Kull-na Shuraka’, October 14, 2011

ミシュアル・タンムー氏の遺族は声明を出し、クルド民族主義勢力と遺族が合同葬儀を執り行うことで合意した同勢力の10月8日の声明の内容を否定、遺族は同勢力代表者の参列、弔辞を拒否したことを明らかにし、同勢力がクルド人を欺いたと非難した。

**

複数の活動家・目撃者によると、軍・治安部隊による厳戒態勢のなか、各地で合わせて数万人が金曜の礼拝後に反体制デモを行い、シリア人権監視団によると、12人が殺害された。

このうち7人がダルアー県ダーイル町で、同vで2人、ダマスカス郊外県サクバー市で1人、ダマスカス県カダム区で1人、アレッポ県アナダーン市で1人が殺害されたという。

シリア人権監視団によると、デモが発生したのは、ヒムス県ヒムス市内各所、イドリブ県、マアッラト・ニウマーン市、サラーキブ市、サルミーン市、カフルナブル市、ビンニシュ市、ヒーシュ村、マアッラト・ハルマ村、カフルサジュナ村、カフルハムザ村、マアッラト・ミスリーン市、ハーン・スブル村、タフタナーズ市、ラタキア県ラタキア市、ダマスカス郊外県キスワ市、ドゥーマー市、ダイル・ザウル県ダイル・ザウル市など。

また地元調整諸委員会によると、ハマー市内クスール地区、アレッポ市郊外のアナダーン市でデモが行われた。

**

SANA(10月15日付)は、インヒル市内の検問所が武装集団に襲撃され、シリア軍兵士1人が殺害されたと報じた。またダルアー市のウマリー・モスク近くの複数のカ所で爆弾が発見され、爆発物処理班が撤去したと報じた。

**

SANA(10月15日付)は、ヒムス県タルビーサで旅客バス(ダマスカス発アレッポ行)が武装テロ集団に襲撃され、運転手、女性1人、警官が負傷したと報じた。

**

複数の活動家によると、ハマー県ハマー市で離反しようとしたアブドゥルマジード・ミスリー大佐が殺害された。

**

シリア人権監視団によると、13日に各地で激化した離反兵と軍・治安部隊の戦闘で25人が殺害された。最大の被害が出たのはイドリブ県ビンニシュ市で、死者数は15人にのぼるという。またダルアー県でも激しい戦闘の末9人が殺害された。

一方、ヒムス県での戦闘では、治安部隊兵士1人が離反兵との戦闘で死亡、これにより一昨日以来の戦闘での死者は軍人、民間人合わせて36人となった。

これに関して、『ティシュリーン』(10月14日付)は、軍高官の話として、ビンニシュ市で13日に武装テロ集団が治安維持部隊を要撃し、10人が死亡、19人が負傷したと報じた。

アサド政権の動き

アリー・アブドゥルカリーム在ベイルート・シリア大使は、レバノンのアドナーン・マンスール外務大臣と会談し、バアス党創設者の一人であるシブリー・アイサミー氏(アレイ在住)の失踪事件にシリア大使館が関与しているとの一部情報に関して「何の証拠もない」と否定するとともに、レバノンからシリアへの「扇動キャンペーンと武器密輸」に対して強い反対の意思を表明した。

反体制運動をめぐる動き

離反兵の一人、共和国護衛隊のマーヒル・ラフムーン・ヌアイミー少佐が、アラビーヤ(10月14日付)で、シリア国内全体で先週だけでも300人以上の兵士が離反したと述べた。

同少佐によると、そのほとんどが共和国護衛隊の兵士だという。この300人のなかには、ダルアー県ハーッラ市で離反した第9師団の兵士多数、スワイダー県のハウラーン地方にあるヌアイミーヤ空軍基地で離反した約60人などがおり、ダマスカス郊外県でも約70人の兵士が離反し、自由シリア軍がその身柄を保護しているという。

このほか、ダマスカスに「体制維持部隊」として展開し、デモ弾圧にあたっている警官隊は実は共和国護衛隊の隊員であると述べた。

**

一方、自由将校運動の創設メンバーの一人であるイブラーヒーム・マジュブール大尉は、アラビーヤの電話取材に対して、離反名の数が10,000人以上に達していると答えた。

**

フェイスブックなどによると、軍事情報局ダルアー支部長のルワイユ・アリー准将がダルアー県のダーイル町で要撃に遭い暗殺された。

諸外国の動き

ナバメセム・ピレー国連人権高等弁務官は声明で、「3月以降の死者数は3,000人を越え、そのうち少なくとも187人が子供である」と発表、内戦をもたらしかねないと警鐘をならした。

**

スイス外務省の国際法局長は記者会見で、「スイス政府が凍結したバッシャール・アサド大統領および彼の政権に関連する資産の総額は45,000,000スイス・フランにのぼる」と発表した。

AFP, October 14, 2011、Alarabia.net, October 14, 2011、Akhbar al-Sharq, October 14, 2011, October 19, 2011、Facebook、al-Hayat, October 15, 2011、Kull-na Shuraka’, October 14, 2011, October 19, 2011、Reuters, October 14, 2011、SANA, October 15, 2011、Tishrin, October 14, 2011などをもとに作成。

(C)青山弘之All rights reserved.