2012年4月14日のシリア情勢

国連の動き

国連安保理は、シリアでの停戦を監視するための国際監視団の派遣を定めた安保理決議第2024号を全会一致で採択した。

SANA, April 14, 2012

SANA, April 14, 2012

同決議に基づき、非武装の軍人30人からなる先遣隊が軍・治安部隊、反体制武装集団の停戦状況を視察し、監視団本隊の派遣を準備する。

安保理の複数の消息筋によると、先遣隊には、既にゴラン高原に展開しているUNDOFの隊員も参加する見込み。

**

同決議の骨子は以下の通り。

1. コフィ・アナン・シリア危機担当国連・アラブ連盟合同特使のミッションを支持。
2. シリア政府の人権侵害と、武装集団の人権濫用を非難。
3. シリア政府に、市街地での軍事作戦の停止と兵舎への撤退、重火器の使用停止の遵守を要求。
4. 反体制勢力を含むすべての当事者にあらゆる形態の暴力停止を要求。
5. 30人からなる国際停戦監視団先遣隊派遣を決定。
6. シリア政府およびすべての当事者に監視団派遣への協力を要求。

なお国連安保理決議第2024号全文は以下の通り(http://www.un.org/News/Press/docs/2012/sc10609.doc.htm)。

“The Security Council,

“Recalling its presidential statements of 3 August 2011, 21 March 2012 and 5 April 2012, and also recalling all relevant resolutions of the General Assembly,

“Reaffirming its support to the Joint Special Envoy for the United Nations and the League of Arab States, Kofi Annan, and his work, following General Assembly resolution A/RES/66/253 of 16 February 2012 and relevant resolutions of the League of Arab States,

“Reaffirming its strong commitment to the sovereignty, independence, unity and territorial integrity of Syria, and to the purposes and principles of the Charter,

“Condemning the widespread violations of human rights by the Syrian authorities, as well as any human rights abuses by armed groups, recalling that those responsible shall be held accountable, and expressing its profound regret at the death of many thousands of people in Syria,

“Noting the Syrian Government’s commitment on 25 March 2012 to implement the six-point proposal of the Joint Special Envoy of the United Nations and the League of Arab States, and to implement urgently and visibly its commitments, as it agreed to do in its communication to the Envoy of 1 April 2012, to (a) cease troop movements towards population centres, (b) cease all use of heavy weapons in such centres, and (c) begin pullback of military concentrations in and around population centres, and to implement these in their entirety by no later than 10 April 2012, and noting also the Syrian opposition’s expressed commitment to respect the cessation of violence, provided the Government does so,

“Noting the Envoy’s assessment that, as of 12 April 2012, the parties appeared to be observing a cessation of fire and that the Syrian Government had started to implement its commitments, and supporting the Envoy’s call for an immediate and visible implementation by the Syrian Government of all elements of the Envoy’s six-point proposal in their entirety to achieve a sustained cessation of armed violence in all its forms by all parties,

“1. Reaffirms its full support for and calls for the urgent, comprehensive, and immediate implementation of all elements of the Envoy’s six-point proposal (annex) aimed at bringing an immediate end to all violence and human rights violations, securing humanitarian access and facilitating a Syrian-led political transition leading to a democratic, plural political system, in which citizens are equal regardless of their affiliations, ethnicities or beliefs, including through commencing a comprehensive political dialogue between the Syrian Government and the whole spectrum of the Syrian opposition;

“2. Calls upon the Syrian Government to implement visibly its commitments in their entirety, as it agreed to do in its communication to the Envoy of 1 April 2012, to (a) cease troop movements towards population centres, (b) cease all use of heavy weapons in such centres, and (c) begin pullback of military concentrations in and around population centres;

“3. Underlines the importance attached by the Envoy to the withdrawal of all Syrian Government troops and heavy weapons from population centres to their barracks to facilitate a sustained cessation of violence;

“4. Calls upon all parties in Syria, including the opposition, immediately to cease all armed violence in all its forms;

“5. Expresses its intention, subject to a sustained cessation of armed violence in all its forms by all parties, to establish immediately, after consultations between the Secretary-General and the Syrian Government, a United Nations supervision mission in Syria to monitor a cessation of armed violence in all its forms by all parties and relevant aspects of the Envoy’s six-point proposal, on the basis of a formal proposal from the Secretary-General, which the Security Council requests to receive not later than 18 April 2012;

“6. Calls upon the Syrian Government to ensure the effective operation of the mission, including its advance team, by: facilitating the expeditious and unhindered deployment of its personnel and capabilities as required to fulfil its mandate; ensuring its full, unimpeded and immediate freedom of movement and access as necessary to fulfil its mandate; allowing its unobstructed communications; and allowing it to freely and privately communicate with individuals throughout Syria without retaliation against any person as a result of interaction with the mission;

“7. Decides to authorize an advance team of up to 30 unarmed military observers to liaise with the parties and to begin to report on the implementation of a full cessation of armed violence in all its forms by all parties, pending the deployment of the mission referred to in paragraph 5 and calls upon the Syrian Government and all other parties to ensure that the advance team is able to carry out its functions according to the terms set forth in paragraph 6;

“8. Calls upon the parties to guarantee the safety of the advance team without prejudice to its freedom of movement and access, and stresses that the primary responsibility in this regard lies with the Syrian authorities;

“9. Requests the Secretary-General to report immediately to the Security Council any obstructions to the effective operation of the team by any party;

“10. Reiterates its call for the Syrian authorities to allow immediate, full and unimpeded access of humanitarian personnel to all populations in need of assistance, in accordance with international law and guiding principles of humanitarian assistance and calls upon all parties in Syria, in particular the Syrian authorities, to cooperate fully with the United Nations and relevant humanitarian organizations to facilitate the provision of humanitarian assistance;

“11. Requests the Secretary-General to report to the Council on the implementation of this resolution by 19 April 2012;

“12. Expresses its intention to assess the implementation of this resolution and to consider further steps as appropriate;

“13. Decides to remain seized of the matter.

**

スーザン・ライス米国連代表大使は、「政府軍をヒムスを砲撃し、アレッポで市民に発砲した…。政府の重火器は依然として都市部に駐留しており、殺戮行為再開に備えている」と述べ、アサド政権の停戦違反を非難した。

**

ロシアのヴィタリー・チュルキン国連代表大使は、安保理決議2024号が「バランスのとれたかたちで修正された」と評価し、「反体制武装集団を含むすべての集団が暴力行使を回避し、広範な政治的対話プロセスを開始すべき」と述べた。

**

中国の李保東国連代表は、「シリアの政府と反体制勢力に自らの誓約を遵守し、暴力を停止し、政治対話のイニシアチブを発揮する」よう求めるとともに、「シリア国民の意思と希望を尊重する必要」があると強調した。

**

シリアのバッシャール・ジャアファリー国連大豊大使は、「シリアはアナン特使の和平案を履行している…。安保理の多くの大使が長らく武装テロ集団の存在を疑っていたが、今日、彼らは彼らの暴力停止を呼びかけている」と決議を高く評価した。

反体制勢力の動き

シリア国家建設潮流のルワイユ・フサイン代表はフェイスブック(4月14日付)で、「メディアの発砲停止」を呼びかけ、「客観的でプロフェッショナルだと主張する政府系メディア、親体制系メディア、反体制メディア」による「停戦違反」報道を通じた挑発を停止するよう呼びかけた。

**

シリア国民評議会のブルハーン・ガルユーン事務局長は声明を出し、国連安保理決議第2024号採択を歓迎、「シリア国民に対して国際社会が責任を果たす上で重要な第一歩」と評価する一方、「政府は都市部から重火器を撤退させず、平和的デモを認めず、民間人殺戮と虐殺を停止すると我々は考えていない」とし、アサド政権の揺動や策略に乗らないよう警告した。

**

エジプトのムハンマド・カーミル・アムル外務大臣は、シリア国内外で活動する反体制活動家の使節団と会談し、シリア情勢について意見を交わした。

使節団は、ミシェル・キールー氏、ファーイズ・サーラ氏、アーリフ・ダリーラ氏、サミール・イータ氏からなっていた。

**

民主的諸勢力国民調整諸委員会事務局が会合を開き、5月7日が投票日の第10期人民議会選挙をボイコットすることを決定した。

DP-News(4月17日付)が報じた。

**

民主的変革諸勢力国民調整委員会の在外メンバーがパリで第1回緊急大会を開催し、クルド問題に関して協議した。

『クッルナー・シュラカー』(4月19日付)によると、この大会では、国民のあらゆる民族、宗教への帰属を保障する憲法の制定、クルド人の民族的アイデンティティの憲法での保障、クルド問題の平和的民主的解決、シリア正教徒、アッシリア教徒、カルディア派宗徒、トルクメン人、アルメニア人、チェルケス人の言語、文化の尊重をめざすことを採択した。

国内の暴力

SANA, April 14, 2012

SANA, April 14, 2012

反体制系通信社の『クッルナー・シュラカー』(4月14日付)は、ヒムス県のカルアト・ヒスン(クラック・デ・シュバリエ城)住民の話として、見ず知らずの革命運動家を自称する武装集団が、地元サラフィー主義者とともに砦を占拠していると報じた。

住民によると、6ヵ月前にヒムス市から逃れてきたとされるこの武装集団は、当初は住民や離反兵の歓迎を受け、ともに反体制デモを行っていたが、次第に見ず知らずのサラフィー主義者の数が増え、武器を持ち込むようになった、という。

サラフィー主義者のリーダーのシャイフ・マージド師は離反兵らに近隣住民の誘拐やアラウィー派の警官の殺害などを指揮した、という。

住民はこうした行為に異議を唱えたが、シャイフ・マージドは彼らを逆に脅迫し、住民は次第にこの人物がシリアの治安機関のエージェントだと疑うようになった、という。

**

ヒムス県では、AFP(4月14日付)がカラム・アブー・ラビーウ氏なる活動家の話として報じたところによると、軍・治安部隊がヒムス市カラービース地区などを戦車、迫撃砲などで砲撃した。

また革命調整連合によると、ヒムス市内の国立病院でカメラマン1人が死亡した。

一方、ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ドゥマイル氏で逮捕者を移送していた車が襲撃を受け、市民1人が死亡した。

**

SANA(4月15日付)は、武装テロ集団がアレッポ県アレッポ市イザーア地区のラシード・モスクで午後の礼拝を済ませた市民数百人に紛れて、テレビ放送センターや周辺の店舗などに発砲し、破壊活動を行ったと報じた。

また同通信社によると、ダマスカス県アドラー市でアクル・マフムード退役大佐が武装テロ集団に殺害されたほか、ダルアー・スワイダー街道で治安維持部隊が襲撃され3人が殺され、ダイル・ザウル県ムーハサン市でも市民1人を殺害された(ただし反体制勢力は、イザーア地区で軍・治安部隊の狙撃兵が市民4人を射殺した、と主張している)。

さらにダマスカス県ドゥーマー市で市民の遺体1体、ダルアー県ジーザでムハンマド・アリー・アタバ中佐とマジド・マーヒル・バクリー注意の遺体が発見された、という。

このほか、イドリブ県タッフ市では、武装テロ集団が第10期人民議会選挙に立候補しているムハンマド・イスマーイール・アフマド氏の自宅を襲撃し、サラーキブ市でも市民が乗ったバスを襲撃、ヒムス県ヒムス市内でもRPG弾などを発射したという。

AFP, April 14, 2012、Akhbār al-Sharq, April 14, 2012、DP-News, April 17, 2012、al-Ḥayāt, April 15, 2012、Kull-nā Shurakā’, April 14, 2012, April 19, 2012、Reuters,
April 14, 2012、SANA, April 14, 2012、al-Sharq al-Awsaṭ, April 15, 2012、un.org, April 14, 2012などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク