2013年12月22日のシリア情勢

反体制勢力の動き

Elaph(12月22日付)は、シリア革命反体制勢力国民連立のアフマド・ウワイヤーン・ジャルバー議長が訪問先のイラク・クルディスタン地域で、在留シリア・クルド人に対して、民主連合党が設置を進めている西クルディスタン移行期民政局評議会について「混乱のなか、自治そのものは間違えではない。しかし、ハサカ県で示されているモデルは受け入れられない。なぜなら、同県には民族的、宗教的に多様で、さまざまな構成集団のコンセンサスが自治には必要だからだ」と述べた、と報じた。

**

シリア革命反体制勢力国民連立のアブドゥルカリーム・ムハンマド・バッカール氏は声明を出し、連立を脱会すると発表した。

「道徳的愛国的重責を背負う機会を与えられず、可能性を見出せない」というのが脱会の理由だという。

国内の暴力

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市マサーキン・ハナーヌー地区の高速道路に軍が樽爆弾を投下し、バスに乗っていた子供6人を含む27人が少なくとも死亡、数十人が負傷した。

またアレッポ市サーフール地区、アフマディーヤ地区、ブアイディーン地区、ハムラー地区、マーリア市、マーイル町、アターリブ市なども軍の砲撃・空爆を受け、少なくとも5人が死亡した。

自由アレッポ県議会によると、このうちマーリア市の空爆は、学校が標的となり、40人の生徒が負傷したという。

さらにアフリーン市に近いジンディーリス村郊外の街道で、イラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)がクルド人市民約50人を拉致した。

一方、SANA(12月22日付)によると、フライターン市、ハイヤーン町、ダーラ・イッザ市、ザルズール村、バヤーヌーン町、ムスリミーヤ村、ハーン・アサル村、ヒーラーン村、マーイル町、アレッポ中央刑務所周辺、ハンダラート・キャンプ、シャイフ・ナッジャール市(工業団地地区)、カースティールー街道、マンスーラ村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

またアレッポ市では、シャッアール地区、ハナーヌー地区、ジャズマーティー地区、ジャンドゥール地区、シャイフ・サイード地区、バニー・ザイド地区、アンサーリー地区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

このほか、アレッポ市旧市街のカールトン・ホテルを襲撃しようとした反体制武装集団を軍が撃退した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、アドラー市ウンマーリーヤ地区で、軍、国防隊、ヒズブッラーの戦闘員が、イラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)、シャームの民のヌスラ戦線と交戦、軍が砲撃を加えた。

また、ダマスカス郊外県革命調整連合のユースフ・ブスターニー報道官を名乗る活動家は、クッルナー・シュラカー(12月22日付)に、イスラーム戦線がドゥマイル市近郊の山間部にあるシリア軍の武器庫を攻撃し、兵士や民兵約100人を殺害したと述べた。

この武器庫は、クタイファ地方に駐留する第155旅団と第156旅団の武器庫だという。

一方、SANA(12月22日付)によると、ドゥーマー市、ハラスター市、ダーライヤー市、ザバダーニー市、ヒジャーリーヤ農場、リーハーン農場で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の外国人戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア革命総合委員会によると、ダルアー市のヤルムーク旅団司令官のバッシャール・ズウビー氏が、タイバ町・サイダー町間の街道で暗殺未遂に遭った。

ズウビー氏に同行していた複数名が負傷したが、死者は出なかったという。

一方、SANA(12月22日付)によると、ガサム村に侵入しようとしたシャームの民のヌスラ戦線戦闘員を住民が撃退した。

またダルアー市旧税関地区周辺などで、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、中央シャリーア委員会アシャーラ支部によると、アシャーラ市で、拷問を受け死亡したと思われる手足を縛られた遺体8体が発見された。

一方、SANA(12月22日付)によると、マリーイーヤ村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、SANA(12月22日付)によると、ジャウバル区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、SANA(12月22日付)によると、ダッラ村、ファルズ村、アティーラ村、ドゥーリーン村、サルマー町、ムアイタミーヤ村などで、軍が反体制武装集団の追撃を続け、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人運動の戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(12月22日付)によると、ラスタン市、タルビーサ市、ガースィビーヤ村、ハーリディーヤ村、キースィーン湾、ウンム・シャルシューフ村、ダール・カビーラ村、ヒムス市バーブ・フード地区、クスール地区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

また、ウンム・アマド村にある複合学校施設に対して、反体制武装集団が自爆テロを行い教員、学校職員ら20人が死亡、数十人が負傷した。

**

ハサカ県では、クッルナー・シュラカー(12月23日付)によると、ラアス・アイン市西部のタッル・ヒンズィール村、ヒルバト・ナバート村、アーリヤ村一帯で、民主連合党人民防衛部隊とイラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)が交戦した。

またSANA(12月22日付)によると、ハサカ市内の二カ所で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、SANA(12月22日付)によると、サルジャ市、カフルラーター市、アルバイーン山周辺、インシャーアート市周辺で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

レバノンの動き

ナハールネット(12月22日付)によると、ベカーア県ベカーア郡のナフラ村で、ヒズブッラーの戦闘員が、自由シリア軍、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員(シリア人)と交戦し、1人が死亡、1人が負傷した。

諸外国の動き

赤十字国際委員会のマグネ・バース駐シリア代表は声明を出し、「死者数が上昇し…、シリア各地での負傷者数も約500万人にのぼっている。数百万人が避難民のままで、数万人が逮捕されている」と危機感を表明した。

**

デヴィッド・キャメロン英首相は、シリアで獄中死した英国人医師アッバース・ハーン氏の遺族と面会し、「アッバース氏の死は、嫌悪感と憤りを感じさせる悲劇だ。シリア政府は何が起きたかを明らかにしなければならない」と述べた。

ハーン氏の死に関して、獄中で首つり自殺を図ったとするシリアの第三者機関の報告書が発表されている。

AFP, December 22, 2013、Elaph.com, December 22, 2013、al-Hayat, December 23, 2013、Kull-na Shuraka’, December 22, 2013, December 23, 2013、Naharnet, December 22, 2013、Reuters, December 22, 2013、Rihab News, December 22, 2013、SANA, December 22, 2013、UPI, December 22, 2013などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク