2012年4月30日のシリア情勢

国内の暴力

イドリブ市の二カ所で早朝に連続爆弾テロが発生し、多数の死傷者が出た。また午後には同市ジャーミア地区で第3の爆発が発生し、複数が負傷した。さらにダマスカス県内でも政府関連施設を狙った爆弾テロや砲撃が相次いだ。

SANA, April 30, 2012

SANA, April 30, 2012

SANA, April 30, 2012

SANA, April 30, 2012

**

イドリブ市での爆弾テロに関して、SANA(4月30日付)は、住宅地内でビル2棟が「自爆テロ」により爆破され、9人(ほとんどが一般市民)が死亡、100人が負傷した、と報じた。

しかしロンドンを拠点とする反体制勢力のシリア人権監視団は、爆弾テロがハナーヌー広場の空軍情報部と、カールトゥーン通りの軍事情報局の施設を標的にしたもので、20人以上に上る死者のほとんどが治安要員だったと発表した。

なお事件発生後に、UNSMIS先遣隊が現場を視察した。

**

ダマスカス県内では、サブウ・バフラート広場正面に位置する中央銀行を何者かがRPG弾で攻撃した。

アディーブ・マイヤーラ総裁によると、この攻撃で窓ガラスなどが破損した。

**

ダマスカス郊外県では、SANA(4月30日付)によると、ルクンッディーン区で警察のパトロール隊が武装テロ集団の攻撃を受け、警官4人が負傷した。

また、クドスィーヤー市・ディーマース町間に武装テロ集団が仕掛けた爆弾が爆発し、爆発に巻き込まれた内務省職員1人が死亡した。これに関してシリア人権監視団は軍用車を狙った爆弾テロが発生した、と発表した。

アクス・サイル(5月1日付)は、ダマスカス・イマーム・ホメイニー・ハウザ外務局長のファーディー・ブルハーン師がダマスカス郊外県サイイダ・ザイナブ町でバイクに乗った2人組から発砲を受けた、と報じた。

**

シリア人権監視団によると、ハマー県、ダイル・ザウル県などで、治安部隊の発砲により23人の民間人が殺害された。

アサド政権の動き

シリア外務在外居住省のファイサル・ミクダード次官はUNSMISのロバート・ムード司令官とダマスカスで会談した。

SANA(4月30日付)によると、この会談でミクダード次官は、シリアが「武装集団とそれを支援する者たちの行為に対抗しているが、これらの組織の活動はUNSMIS到着以降、先例がないほどエスカレートしている」と語った。

第10期人民議会選挙をめぐる動き

政党問題委員会メンバーのマフムード・ムラッシャハ氏は、第10期人民議会選挙に立候補者を擁立する政党に対しる2012年の政党交付金は1億シリア・ポンドに達する、と発表した。

ムラッシャハ氏によると、交付金のうち約40%は選挙で議席を獲得するであろう政党に、残りの約60%は議席を獲得できなかった政党に支給され、支給額は獲得議席数、獲得票数に応じて配分される。

al-Hayat, May 1, 2012

al-Hayat, May 1, 2012

**

第10期国民議会選挙で、変革解放国民戦線メンバーとして立候補(ダイル・ザウル県選挙区その他の人民諸集団代表枠)していたシリア民族社会党インティファーダ派のアブドゥルカーディル・ウバイド氏はフェイスブックで離党と立候補を取りやめると発表した。

理由については言及しなかった。

反体制勢力の動き

シリア国民評議会は、声明を出し、「発生した…爆破は、政府による血塗られた行為の一つであり…その背後には我々の首都のあらゆる場所でその旅団が展開していることを正当化し、国民を脅迫して平和的デモを阻止しようとするねらいがある」と非難、アサド政権の自作自演を疑った。

**

地元調整諸委員会は、国内各地での爆弾テロに関して、「政府は自らがでっち上げたテロ一味の標的になっていると主張する試みを強めている」と非難、「一連の爆発事件の全責任は治安部隊が負っている」と断じた。

**

『シャルク・アウサト』(5月1日付)は、自由シリア軍の匿名幹部の話として、レバノン領海内で拿捕された武器密輸船「ルトフッラー2」がシリアの諜報機関の船だと断じ、自由シリア軍との関係を否定した。

**

自由シリア軍は声明を出し、ダマスカス県サブウ・バフラート広場前の中央銀行に対する砲撃に関して、関与を否定し、政府の嫌疑が向けられることへの懸念を表明した。

**

ダマスカス県・郊外軍事評議会は声明を出し、ダマスカス県マイダーン地区などでの爆弾テロの頻発に関して、政権が民間人殺戮とアナン特使の停戦案違反を正当化するための自作自演だと断じ、関与を否定した。

**

シリア革命総合委員会は声明を出し、ダマスカス県マイダーン地区などでの爆弾テロに関して、「爆破攻撃は革命に利さない」としたうえで、政権が軍の展開を正当化させるために行った自作自演だと断じた。

その他のシリア国内での動き

SANA, April 30, 2012

SANA, April 30, 2012

SANA(4月30日付)は、シリア中央銀行へのRPG弾による攻撃後、サブウ・バフラート広場で同行職員がテロに反対するデモを行った、と報じた。

レバノンの動き

『サフィール』(5月1日付)は、ミシェル・スライマーン大統領がアサド大統領と電話会談し、シリア情勢などをめぐって協議したと報じた。

**

AFP(4月30日付)は、レバノンの南部県シャイフ山地方の対シリア国境地帯で、シリア領から何者かが銃を発砲し、1人が負傷したと報じた。

AFP, April 30, 2012、Akhbār al-Sharq, April 30, 2012、AKI, April 30, 2012、ʻAks al-Sayr, May 1, 2012、al-Ḥayāt, May 1, 2012、Kull-nā Shurakā’, April 30, 2012、Naharnet.com, April 30,
2012、Reuters, April 30, 2012、SANA, April 30, 2012、al-Safīr, May 1, 2012、al-Sharq al-Awsaṭ, May 1, 2012などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク