トルコ軍とその支援を受ける国民軍がアレッポ県北部のシリア民主軍拠点を砲撃(2019年12月6日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍が、シリア軍が駐留するアイン・アラブ(コバネ)市西のズール・マガール村にある人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の拠点複数カ所を砲撃した。

トルコ軍と国民軍はまた、シーラーワー村近郊のバラード村を砲撃した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、ハマーム・トゥルクマーン村にある国民軍の検問所近くに仕掛けられていた爆弾が爆発した。

**

ハサカ県では、SANA(12月6日付)によると、シリア軍がM4高速道路沿いでの展開を続けた。

AFP, December 6, 2019、ANHA, December 6, 2019、AP, December 6, 2019、al-Durar al-Shamiya, December 6, 2019、Reuters, December 6, 2019、SANA, December 6, 2019、SOHR, December 6, 2019、UPI, December 6, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.